新聞 の コラム。 「春秋」のニュース一覧: 日本経済新聞

読売新聞のコラム:会社案内サイト「読売新聞へようこそ」

新聞 の コラム

朝刊1面の「編集手帳」は、内外のニュースから肩の凝らない暮らしの話題まで多彩なテーマを自在に料理し、世相を約460文字で活写しているコラムです。 1949年(昭和24年)に創設され、「雑誌の編集後記のように」とのアイデアで名付けられました。 「朝刊はまず編集手帳から読む」という読者も少なくありません。 7代目の担当者は清水純一論説委員で、2017年10月3日付朝刊から執筆しています。 清水論説委員は、その直前まで夕刊一面コラム「よみうり寸評」を担当していました。 その時に心がけていた「堅い言い回しで『論じる』のではなく、読者に一緒に考えてもらえるような平易な文章」を、編集手帳の執筆でも実践しています。 日々移り行くニュースに対応する編集手帳の執筆を、清水論説委員はサーフィンに例えます。 「パドリングしながら待っていて、来た波をぱっとつかまえる。 反射神経が問われます」。 書くべき「波」を待ち、さらにその「波」にいつでも乗れるように準備をしているということです。 「思ったり、感じたりしたことを読者と共有していきたい。 これからも精進していきます」。 夕刊1面の「よみうり寸評」も、社会の「今」を切り取り、読者に問いかけるコラムです。 1949年(昭和24年)11月の夕刊の復活と同時に創設されました。 文字数は朝刊の「編集手帳」よりわずかに少ない約420文字です。 現在の筆者は6代目。 東京本社論説委員会に所属する棚瀬篤論説委員と、大阪本社論説・調査研究室の上田恭規室長が交代で執筆しています。 いずれも選ぶテーマの鮮度を大切にし、直近のニュースを精査して旬の話題を取り上げています。 棚瀬論説委員は、親しみやすさも大切にしたいと言います。 「論じるというより、構えずに読んでもらえるようなコラムにしたい。 新聞全体を読む前のウォーミングアップ、もしくは重い記事を読んだ後のクールダウンになるような。 読者に『なるほど』『へえ』と思ってもらえたらいいですね」 一方、上田室長は、読み応えのある文章をめざしていきたいといいます。 「一面は新聞の顔。 その中でもアクセントというか、彩りになる存在がコラムです。 日本語の格調を大事にし、読み物のような視点ももって書いていきたい」と話しています。 「五郎ワールド」は、ベテラン政治記者の橋本五郎特別編集委員が毎月第2土曜日の解説面でお届けしています。 取り上げる題材は政治に限りません。 自らの人生観、死生観を時に吐露しながら、「人が良く生きる」ための手がかりを描き出そうとするコラムです。 2002年4月から4年間は、「五郎の政治ワールド」のタイトルで政治面に掲載していました。 時々の政治の動きを歴史の流れの中で考察し、過去の事象と関連づけたり、哲学書をはじめ内外の著作を引用したりして、その意味や背景を深く掘り下げるのが橋本流の政治コラムです。 「政治の世界に限らず、良く生きた人の人生を取り上げたい」と考え、連載を解説面に移した06年4月からは、テーマの幅がぐっと広がりました。 「記者は自分を棚に上げ、人のことをとやかく言う仕事です。 だから謙虚でなければならないのです。 先人に学び、歴史に学ばなければならないことがたくさんあります」 コラムで披露する博識の数々は、こうした思いで日々蓄えてきたものです。 橋本特別編集委員は「政治コラムの新境地を開いた」と評価され、14年度日本記者クラブ賞を受賞しています。 「時の余白に」は、芥川喜好編集委員が2006年4月から解説面に連載しています。 掲載は毎月第4土曜日。 芥川編集委員は、近世から現代の画家の作品を紹介した日曜版連載「日本の四季」を11年担当し(1992年連載終了)、43歳の若さで92年度日本記者クラブ賞を受賞したベテラン美術記者です。 綿密な取材と透明度の高い文章により、画家の人間性まで鮮やかに浮き彫りにするのが芥川編集委員の美術コラムの持ち味です。 「日の目を見ない人、世の中に抵抗しながらもいい仕事をしている人に光を当てたい」との思いから、「時の余白に」では大きな賞賛に恵まれなかった画家により多く目を向けてきました。 テーマは美の世界から文明批評にまで自在に広がります。 「現代は物質的には恵まれていますが、人間的には欠けているものがあると感じます。 引き出しに空間がないとモノが入らないように、人間にも精神の『隙間』が必要です」 新聞にそうした「隙間」を作り続けたい。 タイトルの「余白」には、そんな願いが込められています。 <芥川喜好プロフィール> 読売新聞編集委員。 1948年(昭和23年)、長野県生まれ。 72年(昭和47年)、早稲田大学文学部美術史学科卒。 水戸支局をへて東京本社文化部で美術展評、日曜版美術連載企画などを担当。 著書に「画家たちの四季」(読売新聞社)、「『名画再読』美術館」(小学館)、「バラックの神たちへ」(深夜叢書社)、「時の余白に」(みすず書房)など。

次の

新聞の一面コラムの▼(逆三角記号)について

新聞 の コラム

A ベストアンサー コラムとは英語で「縦列」のことです。 ちなみに「横列」はロー。 これは、欧 米の横書きの 新聞で、時評 の短い文章が 紙面の端に縦 長に(すなわ ちこの文章の ように)印刷 されている様 子を表してい ます。 縦書きの日本の新聞の場合、同じことをしようとすると欄としては横長になるので、語源的にはちっともコラムじゃないんですが、語がもうすでに 2さんがお書きになっているような意味をもっているのでこう呼ばれます。 雑誌のコーナーにもなりますね。 さらには、新書みたいな本で本筋から離れたことを説明するために、枠で囲って「コラム」なんて銘打ったりします。 蛇足ですがさらにひとこと。 中学高校では、新聞コラムの文章を要約させるという悪習が、いまだ後を絶ちません。 Q 大学一年生となり、文章の上達・社会常識の定着・公務員試験への足がかりとして、新聞のコラムの書き写しをしようと思っています。 どの新聞が適していると考えるかを教えてください。 以下は参考までに。 現在のところは読売をベースに、朝日と産経の社説とコラムを読んでいます。 コラムの書き写しとして三紙を比べてみると、 読売 編集手帳 は一番読みやすいものの、やや物足りない印象を受けます。 朝日 天声人語 は教養を身につけるには適している気がしますが、時々「ん?」と思う箇所があったり説教じみた文があったりして、毎日続けるには気疲れを起こしそうです。 産経 産経抄 は時にひざを打つ思いをすることがあります。 ただ、多くの場合割り引いて考えたほうがいいなと感じるので、あくまでも見識を広げるサブの位置で十分ではないかと思ってしまいます。 毎日や日経はあまり触れておらず、特徴が分かりません。 ただ、日経は少し興味を持っています。 主な論調については読売が最も自分に近いと思うのですが、偏向して排他的になっていた高校時代に比べれば、朝日も産経も適度に疑いつつ楽しめる範疇で読めている気がします。 よろしくお願いします。 大学一年生となり、文章の上達・社会常識の定着・公務員試験への足がかりとして、新聞のコラムの書き写しをしようと思っています。 どの新聞が適していると考えるかを教えてください。 以下は参考までに。 現在のところは読売をベースに、朝日と産経の社説とコラムを読んでいます。 コラムの書き写しとして三紙を比べてみると、 読売 編集手帳 は一番読みやすいものの、やや物足りない印象を受けます。 朝日 天声人語 は教養を身につけるには適している気がしますが、時々「ん?」と思う箇所があったり説教じみ... A ベストアンサー 新聞のコラムを書きうつすだけではあまり読解力や文章力は付かないと思います。 オススメは大意要約と要旨をまとめることです。 この程度なので、一応コラムの話の流れもわかります。 要旨は一番言いたいであろうことをズバッと数行でまとめます。 (大意と要約を分けることもありますが、私が習った受験用の勉強方法はこれです。 まあ言葉の使い方の問題ですが) 私が高校生の頃は、朝日新聞の天声人語を切り抜いてノートに貼り、その下に大意要約と要旨をまとめていました。 最初はコツがわからなくても1年もするとなんとか身につきました。 産経と日経は自宅で、朝日は実家がとっているので三紙のコラムを読みますが、内容はともかく理屈っぽいのは日経と朝日なので、どちらかお好きな方で練習してみたらいかがですか? 内容的には産経に親しみを覚えるのですが、文章的に抒情的にすぎることがあるのでこの練習にはあまり向かないと思います。

次の

コラムとは

新聞 の コラム

朝刊1面の「編集手帳」は、内外のニュースから肩の凝らない暮らしの話題まで多彩なテーマを自在に料理し、世相を約460文字で活写しているコラムです。 1949年(昭和24年)に創設され、「雑誌の編集後記のように」とのアイデアで名付けられました。 「朝刊はまず編集手帳から読む」という読者も少なくありません。 7代目の担当者は清水純一論説委員で、2017年10月3日付朝刊から執筆しています。 清水論説委員は、その直前まで夕刊一面コラム「よみうり寸評」を担当していました。 その時に心がけていた「堅い言い回しで『論じる』のではなく、読者に一緒に考えてもらえるような平易な文章」を、編集手帳の執筆でも実践しています。 日々移り行くニュースに対応する編集手帳の執筆を、清水論説委員はサーフィンに例えます。 「パドリングしながら待っていて、来た波をぱっとつかまえる。 反射神経が問われます」。 書くべき「波」を待ち、さらにその「波」にいつでも乗れるように準備をしているということです。 「思ったり、感じたりしたことを読者と共有していきたい。 これからも精進していきます」。 夕刊1面の「よみうり寸評」も、社会の「今」を切り取り、読者に問いかけるコラムです。 1949年(昭和24年)11月の夕刊の復活と同時に創設されました。 文字数は朝刊の「編集手帳」よりわずかに少ない約420文字です。 現在の筆者は6代目。 東京本社論説委員会に所属する棚瀬篤論説委員と、大阪本社論説・調査研究室の上田恭規室長が交代で執筆しています。 いずれも選ぶテーマの鮮度を大切にし、直近のニュースを精査して旬の話題を取り上げています。 棚瀬論説委員は、親しみやすさも大切にしたいと言います。 「論じるというより、構えずに読んでもらえるようなコラムにしたい。 新聞全体を読む前のウォーミングアップ、もしくは重い記事を読んだ後のクールダウンになるような。 読者に『なるほど』『へえ』と思ってもらえたらいいですね」 一方、上田室長は、読み応えのある文章をめざしていきたいといいます。 「一面は新聞の顔。 その中でもアクセントというか、彩りになる存在がコラムです。 日本語の格調を大事にし、読み物のような視点ももって書いていきたい」と話しています。 「五郎ワールド」は、ベテラン政治記者の橋本五郎特別編集委員が毎月第2土曜日の解説面でお届けしています。 取り上げる題材は政治に限りません。 自らの人生観、死生観を時に吐露しながら、「人が良く生きる」ための手がかりを描き出そうとするコラムです。 2002年4月から4年間は、「五郎の政治ワールド」のタイトルで政治面に掲載していました。 時々の政治の動きを歴史の流れの中で考察し、過去の事象と関連づけたり、哲学書をはじめ内外の著作を引用したりして、その意味や背景を深く掘り下げるのが橋本流の政治コラムです。 「政治の世界に限らず、良く生きた人の人生を取り上げたい」と考え、連載を解説面に移した06年4月からは、テーマの幅がぐっと広がりました。 「記者は自分を棚に上げ、人のことをとやかく言う仕事です。 だから謙虚でなければならないのです。 先人に学び、歴史に学ばなければならないことがたくさんあります」 コラムで披露する博識の数々は、こうした思いで日々蓄えてきたものです。 橋本特別編集委員は「政治コラムの新境地を開いた」と評価され、14年度日本記者クラブ賞を受賞しています。 「時の余白に」は、芥川喜好編集委員が2006年4月から解説面に連載しています。 掲載は毎月第4土曜日。 芥川編集委員は、近世から現代の画家の作品を紹介した日曜版連載「日本の四季」を11年担当し(1992年連載終了)、43歳の若さで92年度日本記者クラブ賞を受賞したベテラン美術記者です。 綿密な取材と透明度の高い文章により、画家の人間性まで鮮やかに浮き彫りにするのが芥川編集委員の美術コラムの持ち味です。 「日の目を見ない人、世の中に抵抗しながらもいい仕事をしている人に光を当てたい」との思いから、「時の余白に」では大きな賞賛に恵まれなかった画家により多く目を向けてきました。 テーマは美の世界から文明批評にまで自在に広がります。 「現代は物質的には恵まれていますが、人間的には欠けているものがあると感じます。 引き出しに空間がないとモノが入らないように、人間にも精神の『隙間』が必要です」 新聞にそうした「隙間」を作り続けたい。 タイトルの「余白」には、そんな願いが込められています。 <芥川喜好プロフィール> 読売新聞編集委員。 1948年(昭和23年)、長野県生まれ。 72年(昭和47年)、早稲田大学文学部美術史学科卒。 水戸支局をへて東京本社文化部で美術展評、日曜版美術連載企画などを担当。 著書に「画家たちの四季」(読売新聞社)、「『名画再読』美術館」(小学館)、「バラックの神たちへ」(深夜叢書社)、「時の余白に」(みすず書房)など。

次の