エージェント オブ シールド 6 ネタバレ。 【総復習】エージェントオブシールド【シーズン1】のあらすじとネタバレ(感想あり)

エージェント・オブ・シールド シーズン6 Dlifeで放送 感想と最新情報

エージェント オブ シールド 6 ネタバレ

映画「アベンジャーズ」のスピンオフドラマ「エージェント・オブ・シールド」もシーズン7で完結すると発表されています。 キャストについてはこちらから。 通称MCU)でどの時系列にいるのかについて解説しています。 シーズン6の冒頭のシーンは2018年で、その一年後の2019年が「シーズン6」の時間軸の主な舞台、そして、なんと最後のシーンでは1931年のニューヨークが登場。 これは同じくABC制作のドラマ「エージェント・カーター」につながる可能性があり、シーズン7にはダニエル・スーザ役のエンヴェア・ジョカイの出演が決まっています。 以下、マーベル 映画とドラマの世界の最速公開・放送期間です。 さらに、超人的な力を得る「デスロック計画」に関わる異星人の血清「GH325」が、映画「アベンジャーズ」で死去したはずのコールソン(クラーク・グレッグ)の「生き返り」の秘密だったことも判明。 映画「キャプテン・アメリカ:ウィンター・ソルジャー」や「マイティ・ソー:ダーク・ワールド」の公開をはさみ、関連したエピソードもありました。 実は、シーズン5で登場する「グラヴィトニウム」も、第3話で登場していました。 シーズン2|スカイ(のちのデイジー)とレイナがインヒューマンズであることが判明。 中国で暮らすインヒューマンズの集落「アフターライフ」も登場。 デイジーの両親が登場し彼女の過去と、インヒューマンズという種族について掘り下げられたシーズンでした。 そして、コールソンの中の異星人の血が騒ぎ、謎の地図を書き始めることに。 さらに、メイ(ミンナ・ウェン)が「トラウマ」として抱える「バーレーンの騎兵隊」の謎もそれに関連することでした。 クリーが支配する世界が舞台のシーズン5の前に見直すべきシーズンと言えます。 映画「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」の公開と連動し、映画でソコヴィアから人々を輸送した巨大飛行船がドラマ内では「シータプロトコル 」として描かれました。 映画では空でヒーローたちの戦いが繰り広げられていましたが、コールソンたちシールドは、船の中で最終決戦を戦っていました。 そして最後は衝撃の「モノリスに飲み込まれるシモンズ」でエンディング! シーズン3| シモンズ(エリザベス・ヘンストリッジ)がいたのは謎の星。 この体験から、ヒドラが、彼らが崇拝する「ハイヴ」という存在に生贄を捧げるために「モノリス」を利用していたことが判明。 実は映画「アベンジャーズ」にもシルエットで登場していたギデオン・マリック(パワーズ・ブース)がハイヴをかくまい、瀕死のウォードの肉体を与えて菌によって人々を殺害することを計画。 この際にデイジーの彼氏リンカーン・キャンベル(ルーク・ミッチェル)が死去。 これが、シーズン4でデイジーがシールドから離れる原因となりました。 シーズン3の中では映画「アントマン」や「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」とクロスオーバー。 第20話が「キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー」の後という設定。 「シークレットウォーリアーズ」の結成もうまくいかず、最愛の人を亡くしたデイジーはシールドから離れ、一人で闇組織を追跡するようになり、コールソンはシールド長官を退き、インヒューマンズを長官に推してシールドは公の組織として存続。 前半は悪魔の書「ダークホールド」による「無から生命を生み出す」力に取り憑かれたものたちの話、後半はその「ダークホールド」の知識を得たアンドロイド「エイダ」が不死の生命を造ることを阻止しようとするシールド。 しかしそれは世間には理解されず、最終的には悪者扱いされてしまいます。 マックとヨーヨーが劇中でも話題にしていましたが、これまでのロボット映画同様、アンドロイドが混乱を引き起こすということが描かれ、そこに仮想現実という技術が密接に関わっていることが新鮮でした。 73年後、地球はM12. 8というクエイクの力により真っ二つに破壊され、地球人たちは、クリー人カサイアスの支配下で奴隷のような生活を強いられていた。 ロビン・ヒントンの予言を信じるヴァージルなど一部のものたちの間ではコールソンたちがこの人類の危機を救うと言うことが信じられていた。 インヒューマンズのフリントの力で2018年の地球に戻ったコールソンたちは、ヘイル准将などヒドラが宇宙人種族の「同盟」と取引していることを知る。 地球滅亡の危機をかろうじて回避したコールソンチームだったが、ゴーストライダーとの取引で死期が近いコールソンにかわり、マックが新たなシールド長官となり、新たなスタートを切る。 その頃、最後の戦いで致命傷をおったフィッツは、低温凍結を施され未来に送られていた…。 サージは「三つのモノリス」が爆発した際に時間と空間を超えて生み出された「コールソンとDNA構造の全く同じ別人」だった。 アイゼルは同胞たちにも「肉体」を与えようと、シュライクたちを人間たちに宿らせ「宿主」を作り、中南米の寺院で「三つのモノリス」を共鳴させ、同胞たちを地球に呼び寄せ、彼らに肉体をもたらせようとしていた。 その危機に気づいたイノックはジェマとフィッツにある案を提案する。 それはエンパイアステートビルが一番高かった過去(1931年頃)に戻り、やり直すこと、そして、シールドのことを誰よりも知るコールソンを、クロニコムのテクノロジーとLMD(レイフモデルデコイ)によって蘇らせることだった…。 シーズン6第1話「欠けたピース Missing Pieces」 フィッツはイノックの管理下で、2091年まで低温凍結カプセルの中で宇宙を周遊するはずだったが、その途中、謎の宇宙船に破壊されてしまう。 その頃ジェマ、デイジー、パイパー、デイヴィスの四人はフィッツを探すためにすでに一年を費やしていた。 ジャンプできる回数も少なく地球へ戻るべきと考えるデイジーたちだったが、ジェマはフィッツの船の残骸に残された低温凍結カプセルの中のフィッツが残したメッセージに気づき、デイジーたちに無断でフィッツを追うためにジャンプドライブを使ってしまう。 その頃フィッツはシヴィア人になりすまし、ヴィロの船に潜り込みエンジニアとして働いてた。 マックを新たな長官としていたシールドは、「穴だらけのバス」「砂漠の中の凍った湖」「壁に飲み込まれたままの男」などの対処に奔走し、壁に飲み込まれた男のいう「パチャクティク」という謎の言葉など、不思議な現象を追う中で、それがレイライン上で頻発していることを突き止め、インディアナ州マンシーの自然史博物館へ向かう。 そこに現れたのはコールソンとまったく同じ姿をしたサージという男で、彼は、パックス、ジャコ、スノーフレークという仲間たちを引き連れて行動していたが、彼らの目的は謎に包まれていた。 シーズン6第2話「開いた扉 Window of Opportunity」 メイがスカウトしシールドの研究職として働き始めたマーカス・ベンソン博士の調べで、サージとコールソンのDNA情報が完全に一致することが判明する。 さらに壁に飲み込まれた男の「整体ハードドライブ」の映像から、サージたちが星を滅ぼしていると推測するマックたち。 サージとコールソンが同一人物であることに困惑するシールドチームの面々だったが、サージたちが宝石店に押し入っていることがわかり、メイやヨーヨーたちは現場へ向かう。 サージたちは彼らが「PEG」と呼ぶ「クリスタル」を手に入れ、ワープができる彼らのテクノロジーで現場から逃走。 透明化され見えなくなっていたサージたちの拠点となるトラックを発見したメイだったが、サージがコールソンの姿と全く同じだったことに動揺している間に逃げられてしまう。 その頃、ナロ・アツィア星近くでヴィロの船を乗っ取り、残されたクルーたちの安全を第一に考えたフィッツとイノックは、職を求めてキットソン星へ向かうが、時を同じくしてジェマとデイジーたちとすれ違ってしまう。 シーズン6第3話「惑星キットソンの夜 Fear and Loathing on the Planet of Kitson」 クロニコムのハンターであるマラカイは「宇宙に介入した罪」を犯したフィッツとイノックを標的にする。 マラカイの襲撃に遭うデイジーたちは、そこでフィッツが指名手配されていること、そして入国管理官・プライスからフィッツがキットソン星にいることを教えられる。 ジェマやデイジーたちがナロ・アツィアで入国管理に足止めされていた頃、フィッツとイノックはキットソン星でボイルとトードにザンダー星の珍味カタツムリを売ったチップをもとに、この星の賭博場「ゲームハウス」で資金を稼ぐことになる。 最初はうまくいっていたものの、ポーカーのようなギャンブルで騙されて全財産を失うフィッツたち。 二人は確実に勝つために、フィッツ自体を担保としてチップを手に入れ再びギャンブルを始める。 順調に勝ち進んでいた中、イノックは突如「強制停止状態」になり、フィッツたちは「ゲームハウス」で囚われの身となってしまう。 閉じ込められた部屋から脱出したいフィッツたちは、クレぺトリア人の血液の成分の硫黄を利用して脱出に成功。 脱出してすぐにジェマと再会するフィッツだったが惑星間搬送ディスクで突如現れたマラカイに連れ去られてしまう。 その頃地球ではサージたちが、手に入れた「PEG(クリスタル)」を利用し「シュライク検出器(The Shrike Detector)」を空に撃ち地球の大気にセンサーを張り巡らせ、シュライクが宿った宿主を探しに向かおうとしていた。 シーズン6第4話「コード・イエロー Code Yellow」 シールドと別れてから、「フレームワーク」のテクノロジーをもとにした仮想現実ゲームを始め、アメリカで起業しIT長者となっていたディーク。 宿主を追っては殺害していたサージたちは、「地球人ではない」ことからセンサーに表示されたため、その標的をディークに定める。 ディークの会社に潜入していたシールドエージェントのカーンはサージたちに襲われている状況を「コードイエロー」と判断、マックとメイが応援に駆けつける。 ディークはボバティーを買いに行ったまま状況を知らない恋人セコイアを守るために現場を向かう。 マックと合流したディークたちは、「レモラスバスター」のテクノロジーなどを利用してパックスとジャコを捕えるが、単独行動をしいたメイはサージとスノーフレークに捕まってしまう。 サージたちが標的としていた宿主の遺体を解剖してシュライクを調査していたベンソン、ヨーヨー、ケラーだったが、宿主に刺さっていたナイフを抜いた際に逃げ出した「シュライク」を探している最中に、ケラーの口にシュライクが飛び込んでしまう。 前例がない中、ベンソンもなす術がなく、ケラーは結晶化が始まってしまい、ヨーヨーはやむをえず「ナイフ」でケラーの中のシュライクを刺し殺す。 シーズン6第5話「夢と悪夢 The Other Thing」 コールソンとの最後の日々を思い出していたメイが目覚めたとき、目の前にいたのはサージ。 サージから「通過儀礼」としてシュライクの宿主と戦ったメイ。 その戦いの中でメイは「ナイフ」の原理を知り、さらにサージたちが「パチャクティク」と言うモンスターが星を滅ぼすのを止めようとしていることを知る。 イノックの元上官のアタラはデイジーたちとイノックがいる宇宙船に乗り込んでくるが、その目的はアイゼルによって滅ぼされた故郷の星が破滅する前に戻るために「タイムトラベル」技術を復元することだった。 強引なやり方に意見を異にするイノックとアタラだったが、イノックが「タイムトラベル装置を作ることができる可能性があるのはフィッツだけで、彼の動機はジェマ」と言ったことから、ジェマとフィッツは「タイムトラベル装置」の研究のためにアタラたちクロニコムに捕らえられてしまう。 その仕事ぶりから周囲に不信感を持たれていたベンソンだったが、ケラーの遺体からの調べて「シュライク」と「ナイフ」の原理が「グレーのモノリス」に似ていて、それが「生と死」を司っていることを突き止める。 こうしてベンソンは、シールドがモノリスを発見したユカタン半島とインカ帝国のあった南米に向かうことになる。 そんな最中、デイジーとパイパー 、デイヴィスがおよそ一年ぶりにライトハウスに帰還し喜ぶマックたち。 そこに、メイがサージを捕らえたと言う連絡が入る…。 シーズン6第6話「マインド・プリズン Inescapable」 アタラたちによって大脳融合装置にかけられ、タイムトラベル技術を作るように指示されるジェマとフィッツ。 二人の記憶が共有状態にある中、フィッツは初めてジェマにプロポーズの言葉を伝える。 タイムトラベルの話をしたくないジェマは、ジェマの少女期(7歳と6ヶ月)になり心を閉ざしてしまう。 その後、フィッツは、ジェマとの記憶の共有をする中で、フィッツ自身が「地球破滅のループ」を破壊した結果、一度自分が死んでいたこと、そしてすでにジェマにプロポーズして挙式をあげ結婚指輪を交換したこと、さらに、コールソンがすでに死去していることなどを知る。 初めて仲良くなった夜、レオポルドの悪夢、ジェマが「悪意を閉じ込めているオルゴール」とその化身である「イド・シモンズ」、コールソンに呼ばれてシールドの現場に初めて誘われた時のことなど、過去の体験をする二人。 大げんかした二人だったが、最終的んは現実に戻って、タイムトラベル技術をアタラたしには教えないという決意をする。 マックはデイジーからジェマとフィッツが生きていることを知り喜んでいたが、クロニコムの星を滅亡させたと思われるサージがいることをデイジーに伝える。 シーズン6第7話「サージの預言 Toldja」 「惑星間搬送ディスク」でキットソンシティの「ゲームハウス」へ戻ったジェマとフィッツ、イノック。 しかし、客の一人に惑星間搬送ディスクを使われてしまい、キットソンシティでお尋ね者として困難な状況は続いていた。 ミスターキットソンに呼び出された結果、かつて「ゲームハウス」でイノックを騙し、一番の売れっ子娼婦を拐おうとした罪に問われているウェインと共に断頭台にかけられることになった三人だったが、そんな窮地の三人を助けてくれたのはアイゼルだった。 アイゼルは三人と共に地球へ行きたいと考えていたが、船がないために、フィッツの提案でボイルとトードが所有していたヴィロの船を再び乗っとることになる。 そこで任務は終わったと言うイノックとは別れることになるジェマとフィッツは、アイゼルと船のクルーたちと共に地球へ向う。 一方ライトハウスではサージとスノーフレークの取り調べが進むが、サージの姿に動揺するシールドエージェントたち。 「今日の終わりには俺が上に立つ」とマックに宣言するサージだったが、サージ自身が「なぜコールソンと似ているのかわかっていない」ことから、マックはこのことを突破口としてさらに尋問を進める。 フィッツが死んだことを教えてくれなかったことに怒りをあらわにするディークは「シュライク追跡装置」の修理する中、具合が悪かったと思われていたジャコが口から炎を吐いて攻撃をしてくるが、デイジーのパワーでなんとか制圧する。 ディークの修理した装置でアイオワ州で宿主を二人捕らえ護送していたゼファーワンだったが、その途中に二人が共鳴を始めてしまう。 その対処法を聞き出すためにサージと取引したマック。 シュライクは冷却することで共鳴を止めることができたが、それと引き換えに、サージにサージの部下たちと彼のトラックを引き渡すことになる…。 シーズン6第8話「衝突コース(前編) Collision Course Part One」 ジャンプドライブを修理し太陽系まで到達したフィッツ、ジェマとアイゼルたち。 アイゼルは自らのシュライクを利用してフィッツとジェマ以外のクルーたちを宿主へと変化させていた。 そのことを知らない二人は、アイゼルが探しているものが何千年も前に盗まれた「ディアラス(モノリス)」と言うもので、ディアラスを探す中でクロニカ2号星に行ったがアイゼルのクルーもその星も破壊された(実際にはクロニカ2号星を破壊したのはアイゼル)という話を聞く。 ディアラスはアイゼルの故郷で「命をつなぐため」に作られたが、早く見つけないと地球も滅ぼされてしまうという。 その頃地球では、サージが彼のいう「ビースト=アイゼル」の地球破滅計画を阻止するため、自らのトラックとスノーフレークと、メイ、デイジー、ディークとともにアイゼルが「塔」を立てようとしている現場に向かっていた。 クロニカ2号星ではあと一歩のところで逃げられたが、今回は、絶対に成功できると話すサージ。 しかし、とどめを刺す方法が「剣で殺す」ということを知ったデイジーたちは、彼の行動を疑い始め、実はトラックに仕込まれている直径300kmのクレーターができるほどの核爆弾ごと、シュライクが集まり立ち始めた「塔」に突っ込むことがサージの目的だということがわかる。 時を同じくして、マックとヨーヨーは南米に調査に行っていたベンソンからの報告により、インカの古代遺跡の壁画にアイゼルと思われる絵が彫られていることを知る。 サージがトラックからワープしてゼファーワンで捕まっていたジャコとパックスに合流した頃、デイジーたちはトラック内で爆弾を発見する。 その頃イノックはライトナー星にいた同胞のイザイヤと連絡を取り、クロニコム復活に向けて行動を起こし始めていたが、イノックの裏切りにあったマラカイたちは、大脳融合装置を利用してジェマとフィッツたちシールドの襲撃を始めようとしていた。 シーズン6第9話「衝突コース(後編) Collision Course Part Two」 サージがゼファーワンにワープし、シールドの制圧を目論んでいた頃、シュライクたちの「塔」に向かっていたトラックの中で見つけた核爆弾はデイジーの能力によって爆発を回避することに成功する。 トラックが「塔」に衝突し破壊したことから、アイゼルたちは計画がバレたと思い、地球を離れて宇宙へ引き返していく。 アイゼルの船にいたジェマとフィッツはアイゼルに「計画をばらした」と疑われ、武力で逃げることになる。 ヨーヨーがジャコを説得したことから、ゼファーワンを再び取り戻したマックたちは、ジェマとフィッツを救出するため、クインジェットでアイゼルの宇宙船へ乗り込む。 無事二人と合流し、その後、ジャコが持っていた「ワープテクノロジー」でデイジーたちのいるトラックへ戻り、再会を果たすシールドのメンバーたちだったが、ジャコは核爆弾を持ち一人でアイゼルの宇宙船に戻り、自爆することでアイゼルたちを滅ぼすことになる。 こうして問題が解決し、シールドのエージェントたちにも久しぶりにの休息の時が訪れる中、マックとヨーヨーもよりを戻すことになる。 そんな最中、メイはサージのいた牢に向かい、無残にも至近距離でサージに銃弾を浴びせるのだった…。 シーズン6第10話「乗り移る女 Leap」 メイがサージを撃ったことに動揺するマックたち。 取り調べを進める中で、エージェントの何人かが一時的に記憶がなくなっていることが判明し、アイゼルが乗り移っていることがわかってくる。 その甲斐もなく、最終的にマックの身体をのっとったアイゼルは、三つのモノリスの力を閉じ込めている装置を入手し、ヨーヨーの体に入ったまま、マックとともにゼファーワンから逃げていく。 この際のサージとアイゼルの会話から、彼らが元々は「霊的」なお化けのような存在で「三つのモノリス」の爆発がきっかけで、パチャクティクにコールソンの人格が入り込み、肉体を持ったサージとして誕生したことが明らかになる。 そして、サージは、コールソンが持つ善良な部分と、パチャクティクが持つ悪なる部分に引き裂かれていたのだった。 もともと肉体を持たないアイゼルたち二人が、三つのモノリスの爆発をきっかけに肉体を持ったように、他の同胞たちにも「形」を与えるために、ディアラスを発動させる必要があるという。 シールドに捕らえられアイゼルが言っていたことを受け入れられずにいたサージだったが、その体には明らかに変化が起き始めていた。 シーズン6第11話「寺院へ From the Ashes」 サージに尋問をするメイとデイジーだったが、それぞれにコールソンにもう一度会いたいという思いを拭きれず、大胆な行動を取れずにいた。 そんな中デイジーは、これまで読めていなかったコールソンからの手紙を初めて読んだことで、コールソンが死んだと確信し、目の前にいるサージを攻撃して、彼の中の「パチャクティクの力」を引き出そうと試みる。 ダメージを受け、ついにサージの中にパチャクティクの力が芽生えるが、サージが持っていた「剣」でとどめを刺そうとするデイジーは、「ここにいる全員を殺してしまう、早く止めろスカイ!」というサージの中のコールソンの存在を確信し、サージはアイゼルを倒すためにシールドと行動をともにするようになる。 マックとヨーヨーに知略を使い寺院の場所を知っているベンソンを呼び寄せたアイゼルは、ベンソンに彼の亡くなった夫トーマスの幻影を見せ、情に訴えかけた結果、ディアラスを発動させることができる南米の寺院の場所を聞き出すことに成功する。 一瞬の隙をついてベンソンだけを逃すことに成功したヨーヨーとマックだったが、アイゼルとともに儀式の場所に同行することになる。 そこでマックとヨーヨーは、三つのモノリスの力が閉じ込められている装置をアイゼルが解放したことで、唯一三つのモノリスを復元することができるフリントを未来から呼び寄せてしまう。 その頃、大脳融合装置から様々なデータを入手したクロニコムの指揮官アタラは、クロニカ2号星を取り戻すことができる道筋を見出していたが、地球を占領しようとするクロニコムのマラカイたちの反逆にあい殺されてしまう。 同じ頃、シュライクを刺殺していた「ナイフ」の共鳴周波数に気づいたディークの発案で、アイゼルの「のっとり」からエージェントたちを守る装置の完成が間近となっていた。 シーズン6第12話「合図 The Sign」 アイゼルに意識を乗っ取られたフリントは、三つのモノリスを完成させてしまう。 シールドチームはマックたちが捕まっているインカの寺院の場所の特定に成功し、デイジー、メイ、サージの三人がアイゼルの元へ向かう。 メイは「サージの中の悪だけを取り除くことができないか」と、サージの中からコールソンだけを救い出すことはできないかと考えていた。 その頃、ディークは、秘密裏に進めていた「ジャンプドライブ」をジェマやフィッツたちに公開するが、そのことから、口論となってしまい一人、未完成のジャンプドライブを使って寺院に乗り込むことになる。 ディークはアイゼルの「のっとり」を音声周波のバリアで無効化するリストバンドをマックやヨーヨー、フリントたちに渡し、救出することに成功し、パイパーが復旧したアイゼルに破壊されていたゼファーワンへ戻る。 そんな中、アイゼルの歌声と共鳴した三つのモノリスによって、「恐怖の次元」とのゲートが完成する。 アイゼルのもとにやってきたメイとサージだったが、サージはアイゼルにとどめをさせずに、サージの中のコールソンとパチャクティクとの間で葛藤していた。 アイゼルを殺すべきだと説得するメイだったが、サージの中のパチャクティクが勝ってしまい、メイはサージの剣で刺され「恐怖の次元」に送り込まれてしまう。 その頃、イザイヤと合流していたイノックだったが、イザイヤ自身も「配置換え」により、イノックの命を狙う「ハンター」に変わっていて、イノックはイザイヤに襲われてしまう…。 シーズン6第13話「新たなる命 New Life 」 ゼファーワンと連絡をしていたライトハウスが突如通信不能になるが、それは、マラカイたちが地球をのっとるためにやってきたことが原因だった。 マラカイはジェマとフィッツの記憶に入り込み、シールドの全てを乗っ取り、さらには、フューリーのツールボックスも手に入れる。 自分たちの脳が乗っ取られたと気づいたフィッツ とジェマは、多くのエージェントの記憶が残るフレームワーク技術がある保管庫へ向かう。 シールドのほぼ全てあるコールソンの記憶をクロニコムに渡さないようにと、二人は、データを探しにきたクロニコムごと自爆しようと決意し、手榴弾を起爆させる。 そんな二人のもとにやってきたのは、イザイヤの姿形をしたイノックだった。 こうしてイノックは二人の運命が激変するほどの「計画」を実行する…。 ゼファーワンに合流したデイジー、ヨーヨー、マック、ディークたち。 メイを「恐怖の次元」に送り込んだサージとアイゼルの二人を阻止すべく再び寺院の中へ向かう四人。 ゼファーで宿主と交戦する中でシュライクを飲み込んでしまったヨーヨーは、シュライクの発作が起こりマックの首を絞めて殺そうとする。 可能性が絶たれた中、「恐怖の次元」で息を吹き返し、三つのモノリスの化身によって呼び寄せられていた「恐怖の次元」のアイゼルの同胞たちがやってくるのを阻止したメイは、現実に戻りアイゼルを背後からひと刺しして、アイゼルの息の根を止める。 こうしてヨーヨーの中のシュライクも吐き出され、デイジーとマックの連携でパチャクティクを「サージの剣」で倒すことに成功する。 そこへジェマとエージェントたちがやってきて、速やかにイノックの計画を実行に移すため、みんなをゼファーワンに帰還させる。 ジャンプドライブを備えた新たなゼファーワンは、新たな故郷を築こうとクロニコムが乗っ取ろうとしている地球を飛び立つ。 こうしてジェマの誘導でゼファーがジャンプした先は建設中のエンパイヤステートビルが世界で一番高かった頃のニューヨークだった。 フィッツは別の何処かにいて、さらにデイジーとマックがジェマに導かれた先には、クロニコムの技術とLMDの技術を融合して作られた「最先端LMDコールソン」の姿があった…。 「キットソンでの恥は人を毒し破滅させる」と言われ、この星で行くところは「カジノ」か「売春宿」と言われている。 キットソンの初代はヨーカリア星の奴隷20人と夢を持ってキットソン星にきて起業。 モジュールのギャンブル場、小さなドーム売春宿など足がかりに文字通り素手でキットソンシティを切り開いていった。 創業当時から見せ物として行っているのが「死のゲーム(断頭台)」(銀河一密度の高い金属であるヴェルビアン・スチール製の断頭刃につながる紐を自らの手で掴み、力が尽きた時が命の尽きた時)。 しかし実際はミスターキットソンが持っているスイッチで生き死にが決まるようになっている。 部下の名前はモンタルバン。 サージ、アイゼルがやってきた次元が「恐怖の次元(フィアーディメンション)」。 シーズン4でフィッツとコールソンが一時的に入り込み、エイダによって救出されたものと同じ。 映画「アントマン」映画「ドクターストレンジ」映画「ブラックパンサー」ドラマ「エージェント・カーター」でも描かれる。 シーズン5でヘイル准将が「クリーオーブ」に仕込んだ爆弾の爆発と、その影響により「三つのモノリス」とが反応して開いた亀裂も「恐怖の次元」で、フィッツとシモンズが挙式を上げたところも同じ。 三つのモノリス(ディアラス)が命を生み出した。 白いモノリスは時間、黒いモノリスは空間、灰色のモノリスは「生き死に(命)」を司る。 三つ目のモノリスは「命の源」でつまり、悪魔崇拝者にとっては「恐怖」が生きる動機になっているとも言える。 「命をつなぐためのもの」としてアイゼルが作り、何千年も前に盗まれた。 アイゼルは「音のない世界」「肉体のない領域、形のない世界」の生命体で「恐怖の次元」の裂け目は肉界と霊界の「境目」のこと。 サージは「ディアラス(三つのモノリス」で形・肉体を与えられた。 パチャクティクの意味は「あらゆるものの死」。 ティオティワカンやユカタン半島、南米のインカ遺跡に「アイゼル」の伝承が伝えられていた。 ブラックモノリスは「空間」、ホワイトモノリスは「時間」、グレーモノリスは「創造」。 三つのモノリス=ディアラスで願いが叶い、同胞(=悪魔・サタン)たちにも「形」を与えることができる。 何十億という宿主が、ディアラス発動(=霊体が肉体を持つと言う目的)に必要だった。 インカの文章ではモノリスの目的は「囚われし魂自由を求む」と表現される。 二つのレイラインの交差点で「塔」は建てられ、そこで、破滅が始まる 10。 寺院の扉扉が開き、恐怖の次元からアイゼルの同胞たちが合流し、肉体を手に入れる。 彼らにとって肉体を得ることは「飢え・渇き・快楽・痛み」を得ること。 クリスタル(PEG)をもとに、ショットガン型の銃で大気に格子状の膜・センサーを張り巡らせることで、シュライクが入り込んだ宿主が特定できる。 正確には地球人以外の人物を特定するため、もともと地球の人間ではないディークが宿主として特定された。 サージたちはアイゼル(創造主・モンスター)の言うところの同胞たちを作らせないために、シュライクが宿った人間・宿主を見つけて、特殊なナイフで刺殺している。 ナイフを刺してからその体から結晶が発現し、命も奪われるが、中のシュライクが完全に死ぬまではナイフをしばらく刺したままにしておかなければならない。 宿主たちは「塔」を作るためにスー・シティなどレイライン上の地点に向かう。 その塔は地上のパワーを吸い取り、崩壊した後にシュライクが世界中へ散らばり、全てを飲み込むことでその星は「滅亡」する。 (星が破滅する際の詳細は「クロニコム」の見出しも参照してください。 )宿主の遺体の血液検査から、シュライクのものと思われる神経毒が充満し可燃性が高いが不活性化状態で、燃焼促進剤に近い状態になっている。 似たような生態を持つ生物にアマゾンのありに寄生する菌がいる。 簡単に言えば「宿主をゾンビ(寄生生物に操られている状態)にして自滅させる」。 ゾンビ状態にしているのは特殊なナイフ。 ケラーはシュライクが体内に入ったのちに鎮静剤を打ったが、直後に発作が起こり心停止し、その直後に再び蘇生、その後、体が高熱になり結晶化が始まる。 あばらの下をナイフで突き刺すことでシュライクを殺すことができる。 ナイフを刺してからおよそ6時間後に麻痺が全身に及び、シュライクは死亡する。 死亡したシュライクは突き出たトゲと同じ成分の結晶構造で固まる。 この結晶構造は「三つのモノリス」のうち、生死を司どる「灰色のモノリス」に似ている。 宿主が死ぬと暴れ出して、新たな宿主を探す。 他の人間に乗り移れないと叫び声を上げ、宿主のエネルギーを破壊の力に変える。 これを「スーパーチャージ」と言う。 惑星の通り道と言われているレイラインで宿主が集まることで、星の破滅を引き起こすほどのパワーを得ている。 ナイフが抜くのが早すぎるとシュライクはしなず、ケラーの時のように宿主は死んでもシュライクは生きている状態になる 7。 アイゼルの体乗っ取りを防ぐ方法はディークとフィッツ、ジェマが発見する。 ナイフは共鳴周波数によってシュライクを殺している。 「原子」は結局は空間のことで、共鳴することで原子の並び方を変えることができるので、共鳴周波数を乱す。 クロニコム 紛争には参加しないが、船を得るなど特定の目的の場合には交戦することがある。 その軍備力は「同盟」を制圧できるほどの力持っている。 その中でもアタラが最も殺傷能力が高い。 故郷はクロニカ2号星(白鳥座)。 何者かに故郷が破壊され、生き残ったクロニコムは船に乗って生き延びた。 「空間に小さな綻びができて、異物が入り込んだ。 対策の実行には至らず手遅れになった。 異物は増大し、星を飲み込んだ。 」空間の歪みの原因は不明 5。 クロニカ2号星は燃え上がりマグマに覆われ、マグマは石に変化した。 (その他してください。 ) フレームワーク シーズン4でメンバーが戻ってきてからは、ライトハウス内の倉庫に保管されている。 コールソンをはじめ、エージェントたちの記憶が残されているのもフレームワークなので、ジェマとフィッツは、クロニコム(マラカイたち)にそれらのデータが渡らないようにと、そのデータごと自爆死しようとしていた。 大脳融合装置 6 クロニコムにとっては効果抜群の技術だが、人間にとっては非倫理的で危険を伴う方法。 別々のデータを掘り出すには最高の方法。 人間の場合は、感情があるため危険とても危険。 ダイヤモンドの崖があり、デイジーは星の住民に襲われてそこで大暴れした シヴィア人|「ジャ ギブラム シヴラ」は「僕シヴィア語できます」と言う意味。 ライトナー星|イザイヤがいた星。 洞窟に住んで糞を燃料にしている。 シェルターチャージャー サージたちが所持するバリア機能を持つテクノロジー。 触ると火傷をする膜を張り巡らせ、一定地域を立ち入り不能状態にする。 ヨーヨーの能力でも入ることはできない。 キャストについてはこちらからご覧ください。

次の

クラーク・グレッグ「エージェント・オブ・シールド」シーズン6での役どころに言及 : 映画ニュース

エージェント オブ シールド 6 ネタバレ

過去のシーズン1~5は、現在、DVDレンタル中。 や 、などでは、ポイント利用または別途有料にて視聴できます。 また、では、シーズン1~6まで、 (フールー)では、シーズン1~4が見放題配信中です。 (紹介している作品は、2020年2月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各サービスの公式サイトにてご確認ください) 各サービスの詳細や加入は、こちら。 【公式サイト】 【公式サイト】 【公式サイト】 【公式サイト】 【公式サイト】 【追記:2020. 24】 今作「エージェント・オブ・シールド」シーズン6が、ディズニー・デラックスで見放題配信スタートしました。 ディズニー・デラックスの詳細は、こちら。 前回のシーズン5では、宇宙から物語が始まりました。 地球が粉々に崩壊した未来世界へと飛ばされたコールソンたちは、元の時代へ戻るため奔走することに。 序盤から、衝撃の連続でしたね。 その後、デュークと出会い、地球人を支配するクリー人のカサイアスと、激しい戦いを繰り広げながら、ようやく現在の世界に戻ることができたコールソンたち。 しかし、地球崩壊の未来を変えるための、さらなる試練が。 豹変してしまったタルボット。 そして、体が蝕まれ、生命の危機を迎えるコールソン。 さらに、これまでのシリーズの出来事が反映されたり、懐かしのキャクターも再登場したりと、うれしい驚きも多かったです。 シーズン5第12話では、シリーズ通算100話目を迎えました。 まさに、メモリアルにふさわしいエピソードだったと思います。 最終回では、すべてが解決したものの・・・。 かなり衝撃的。 も~、号泣しっぱなし! まるで、シーズンファイナルのような、これまでの集大成のようなストーリー展開でした。 今回のシーズン6は、いよいよ、その続き。 物語は、前作の1年後から始まります。 フィッツの行方を追い、宇宙を捜索するジェマやデイジーたち。 一方、地球では、長官となったマックのもと、シールドは新たに出現した脅威を追いますが・・・。 そこに、予想もしなかった人物が姿を現します。 果たして、フィッツの行方は? コールソンは? 目が離せません! キャストとしては。 クラーク・グレッグ演じるコールソンをはじめ、デイジー、メイ、マック、シモンズ、ヨーヨーといった、お馴染みのメンバーが再集結! どうやら、未来の人(笑)デュークも登場するようですよ。 また、新たな登場人物として、マーカス・ベンソン役に、映画「コラテラル」やドラマ「マイアミ・バイス」「BOSCH/ボッシュ 」などの大ベテラン、バリー・シャバカ・ヘンリー。 エージェントのデイモン・ケラー役に、「ヘイヴン」のルーカス・ブライアントなどが出演しています。 なお、これまで「エージェント・オブ・シールド」は全22話でしたが、今作シーズン6は全13話です。 ご注意ください。 また、次回作シーズン7がファイナル・シーズンとなり、完結を迎える予定です。 ・・・寂しい。 ファイナルに向け、どんなストーリー展開になっていくのか? 見逃せませんね! 海外ドラマ「エージェント・オブ・シールド」シーズン6は、BSチャンネルDlifeで2019年12月7日(土)から、毎週土曜21時に放送です。 【追記:2020. 7】 Dlifeでの「エージェント・オブ・シールド」シーズン6初回放送は終了しました。 現在は、放送終了で視聴できませんので、ご注意ください。 Dlifeが2020年3月31日で放送終了 【重要】Dlife放送終了のお知らせ いつもご視聴いただき、誠にありがとうございます。 このたびDlifeの放送を、2020年3月31日(火)24時00分にて終了させていただきます。 お楽しみいただきましたみなさまには心より御礼を申し上げます。 詳細は、こちらをご覧ください。 BSチャンネルDlifeが、2020年3月31日(火)24時で、放送が終了することになりました。 Dlifeが見られなくなります。 ご注意ください。 Dlife公式サイトのアナウンスは、こちら。 これまで、どれだけお世話になってきたことか。 私、BS放送が家では視聴できないのですが。 Dlifeの無料見逃し配信のおかげで、今作「エージェント・オブ・シールド」をはじめ、数々の海外ドラマを楽しむことができました。 なくてはならない、ありがたい存在でしたねぇ。 本当に寂しい。 今までありがとうございました。 Dlife。 放送は、2020年3月31日(火)24時まで。 アプリの見逃し配信も、2020年3月31日(火)15時で終了となります。 くれぐれも、ご注意ください。 詳しくは、Dlife公式サイトでご確認ください。 【公式サイト】 「アベンジャーズ/エンドゲーム」 DVDレンタルやデジタル配信中! 2019-08-02 17:54 前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で、強敵サノスと激闘を繰り広げたヒーローたち。 最後は、まさに全世界が言葉を失った、衝撃のラストを迎えました。 その続きが、いよいよ明らかになります。 ついに、今作でフィナーレを迎える「アベンジャーズ」シリーズ。 各サービスの公式サイトはこちら。 【公式サイト】 【公式サイト】 【公式サイト】 「エージェント・オブ・シールド」シーズン6 感想は改めて追記します 待ちに待った新シーズン! 猛烈に楽しみですね! その他の詳細や、視聴した感想などは、改めてこの記事に追記したいと思います。 新しい情報があれば、Twitter()などでも、つぶやいていこうと思います。 「エージェント・オブ・シールド」シーズン6、お見逃しなく!.

次の

エージェント・オブ・シールドのキャラクター一覧

エージェント オブ シールド 6 ネタバレ

2014年のペレイフェストに登場したキャスト。 左から、グレッグ、ウェン、ダルトン、ベネット、カーステッカー、ヘンストリッジ。 『 』( Marvel's Agents of S. , または Agents of S. )は、で、、が企画し、に登場する架空の組織であるを描いたアメリカ合衆国のテレビドラマシリーズである。 シリーズは、、、、、、第2シーズンからはさらにがレギュラー出演し、グレッグ演じるが中心となり、彼が招集したS. の精鋭チームが様々な超常的事件に挑む。 『エージェント・オブ・シールド』はに属しており、フランチャイズの長編映画やにも出演したグレッグ、、、、、が同じ役を務めている。 のエージェント。 第1シーズン第22話「終わりの始まり Beginning of the End 」ではコールソンをS. の長官に任命する。 コールソンは崩壊した組織再建のため活動する。 愛車は62年式の赤いシボレー・コルベット。 第2シーズン後半で片手が石化したため義手に変える。 義手はシールドを生成できる。 演 - () S. に雇われたコンピュータハッカーであり、ハッカー集団ライジング・タイドの元メンバー。 第1シーズン第16話「始まりの終わり End of the Beginning 」で正式にS. のエージェントとなる。 第2シーズン第10話「オベリスクの力 What They Become 」で出生名がデイジーであり、であることが判明する。 も参照。 メリンダ・メイ 演 - () 「騎兵隊」という異名を持つS. のエースパイロット兼兵器担当。 一流の武術の腕前の持ち主。 ある出来事をきっかけにS. の事務作業に就いていた。 第2シーズンからスカイの監督官になる。 グラント・ウォード 演 - () S. の ()担当。 かつては、ものチームに所属していた。 第1シーズンではスカイの監督官になる。 も参照。 レオ・フィッツ 演 - () エンジニアで特に兵器技術を専門とするS. のエージェント。 シールドアカデミーの卒業生。 ジェマ・シモンズ 演 - () 生命科学を専門とする生化学者でS. のエージェント。 シールドアカデミーの卒業生。 () 演 - () 元SAS 隊員。 元妻のエージェント・モースがコールソンに勧めたことにより彼のチームに加わる。 第2シーズンで登場。 () 演 - () スカイ達と共に作戦に参加するS. のエージェント。 登場時はヒドラの研究施設で警備担当として潜入。 日本語やロシア語などの言葉も話せる。 ランス・ハンターの元妻で、お互いをエージェントとして尊敬し合う。 格闘技と棒術の達人。 第2シーズンで登場。 () 演 - () メカニックを担当するS. のエージェント。 では10年以上働いている。 第2シーズンで登場。 リンカーン・キャンベル 演 - () 電気を操る能力を持つインヒューマンズ。 で生活をしていたが、その前は医大生だった。 第2シーズンで登場。 も参照。 エレナ・"ヨーヨー"・ロドリゲス 演 - () () 高速移動能力を持つ。 コロンビア出身。 第3シーズン第11話「高速移動する女 Bouncing Back 」で登場。 リカーリングキャラクター [ ] S. [ ] 「」も参照 第1シーズン () 演 - () コールソンの元相棒でウォードやメイと共に働くS. の高レベル・エージェントで軍事専門家。 第1シーズン第14話「タヒチ T. 」で登場。 も参照。 アントニー・トリプレット 演 - () () ギャレットの下で働く戦闘・兵器専門のS. エージェント。 祖父は元ハウリン・コマンドーズのメンバー。 第1シーズン第14話「タヒチ T. 」で登場。 アン・ウィーヴァー 演 - () () シールドアカデミーの校長でレオ・フィッツとジェマ・シモンズの恩師。 第1シーズン第12話「シールド・アカデミー Seeds 」で登場。 () 演 - () 「The Hub」と呼ばれるS. 基地を運営する高レベル・エージェント。 第1シーズン第7話「決死の潜入 The Hub 」で登場。 エリック・ケーニグ 演 - () カナダにあるS. の基地で働くエージェント。 フィル・コールソン達を基地に迎え入れる。 第1シーズン第18話「逃亡 Providence 」で登場。 ビリー・ケーニグ 演 - () プレイグラウンド基地、プロビデンス基地で働くS. のエージェント。 を建て直そうとするコールソンを助ける。 第1シーズン第22話「終わりの始まり Beginning of the End 」で登場。 第2シーズン サム・ケーニグ 演 - () 兄弟のビリーと任務を行う。 第2シーズン第9話「地下に眠る都市... Ye Who Enter Here 」で登場。 ロバート・ゴンザレス 演 - () S. Dの別の派閥の上層部の一人で空母の最高責任者。 SHIELDが崩壊した日、右足に大怪我を負った。 第2シーズン第14話「顔のない女 Love in the Time of Hydra 」で登場。 第3シーズン パイパー 演 - () シールドのエージェント。 第3シーズン第19話「実験失敗 Failed Experiments 」で登場。 第4シーズン プリンス 演 - リカルド・ウォーカー シールドのエージェント。 第4シーズン第1話「ゴースト The Ghost 」で登場。 ジェフリー・メイス 演 - () 第4シーズンよりS. の長官となる。 第4シーズン第2話「シールド新長官 Meet the New Boss 」で登場。 デイビス 演 - () シールドのエージェント。 第1シーズン第9話「"レキネシス Repairs 」で登場。 第4シーズン第1話「ゴースト The Ghost 」で再登場。 バロウズ 演 - () シールドのエージェントで広報担当。 第4シーズン第3話「大停電 Uprising 」で登場。 LT・ケーニグ 演 - () S. エージェントのケーニグ兄弟の姉。 第4シーズン第12話「ホットポテト作戦 Hot Potato Soup 」で登場。 サーストン・ケーニグ 演 - () ケーニグ兄弟のうち、サーストンだけS. のエージェントにはならず、ワンマンショーを開いて生活している。 第4シーズン第12話「ホットポテト作戦 Hot Potato Soup 」で登場。 の関係者 [ ] 第2シーズン アンドリュー・ガーナー博士 演 - () 心理学者でウェストバージニア州カルヴァー大学の教授。 のエージェント達のカウンセリングを担う。 メイの元夫。 第2シーズン第13話「能力者たち One of Us 」で登場。 政府関係者・軍関係者など [ ] 第1シーズン () 演 - () アメリカ空軍大佐で、後に解散後も活動するS. エージェントを追う准将となる。 フィル・コールソンとは犬猿の仲。 第3シーズンではに変わりATCUの長官となる。 このことで実質的にS. の指示でATCUも動くようになる。 第1シーズン第18話「逃亡 Providence 」で登場。 第4シーズンではジョン・ギャレットを凶暴化させた0薬を改良してパトリオット計画を実行していた。 第3シーズン マーシュ・エリス大統領 演 - () を創設するアメリカ合衆国大統領。 第3シーズン第1話「自然の法則 Laws of Nature 」でシリーズ初登場。 第4シーズン エレン・ナディール 演 - 人間優先運動の提唱者でインヒューマンズ反対派の上院議員。 第4シーズン第3話「大停電 Uprising 」で登場。 ヒドラ -HYDRA- [ ] 「」も参照 第1シーズン エディソン・ポー 演 - () () 「クレアボヤント」と繋がっているムカデ計画のエリートメンバー。 刑務所に投獄されていたが脱獄した。 第1シーズン第5話「花のドレスの女 Girl in the Flower Dress 」で登場。 のエージェントだが、第1シーズン第17話「疑いの連鎖 Turn, Turn, Turn 」で彼はヒドラのエージェントであり、「クレアボヤント」であることが明かされ、さらに同シーズン第21話「反撃開始 Nothing Personal 」で「デスロック計画」の第一被験者であることが判明する。 グラント・ウォード 演 - () S. のエージェントだが、後にヒドラのエージェントであることが明かされる。 10代の頃にジョン・ギャレットによってヒドラに雇われた。 第2シーズンでは逮捕されプレイグラウンド基地に拘束されていたが、移送中に脱走しダニエル・ホワイトホールと合流する。 兄のクリスチャンと弟のトーマスがいる。 若い頃のグラント・ウォードは ()が演じた。 1945年から1989年までS. に囚われていた。 オベリスク(預言者)を探し求め、大量殺戮兵器を作ろうとしている。 第2シーズン第1話「新生S. 始動 Shadows 」で登場。 スニル・バクシ 演 - () () ダニエル・ホワイトホールの右腕として働くヒドラのエージェント。 第2シーズン第1話「新生S. 始動 Shadows 」で登場。 のエージェント。 スニル・バクシによって洗脳されてしまう。 ナノマスクで顔をメリンダ・メイに変え任務につく。 後にグラント・ウォードと親しくなる。 第2シーズン第3話「氷の男 Making Friends and Influencing People 」で登場。 第3シーズン ワーナー・フォン・ストラッカー 演 - バロン・フォン・ストラッカーの息子。 第3シーズン第2話「扉の向こうへ Purpose in the Machine 」で登場。 () 最初のインヒューマンズにして、ヒドラの神と呼ばれる存在。 インヒューマンズを操り、人類を死に至らしめる細菌を操る能力を持つ。 地球に戻る際、初めはウィル・ダニエルズに寄生したが、その後グラント・ウォードに寄生した。 第3シーズン第5話「4722時間 4,722 Hours 」で登場。 ギデオン・マリック 演 - 世界安全保障委員会に所属するヒドラ幹部。 ハイヴを地球に連れ戻そうとする。 ナサニエル・マリックという弟がいた。 第3シーズン第6話「ラッシュの正体 Among Us Hide… 」で登場。 ギエラ 演 - ギデオン・マリックに仕えるインヒューマンズ。 テレキネシス能力を持つ。 第3シーズン第8話「いくつもの首 Many Heads, One Tale 」で登場。 第5シーズン ヒドラの関係者 [ ] 第1シーズン レイナ 演 - () ムカデ計画のエリートメンバー。 花柄のドレスを着ている。 第1シーズンではS. によって逮捕されるが後に脱獄。 第2シーズンではホワイトホールに追われる身となる。 スカイの父親を知る人物。 第1シーズン第5話「花のドレスの女 Girl in the Flower Dress 」で登場。 も参照。 イアン・クイン 演 - () 裕福な鉱業慈善家でクイン・ワールドワイドのCEO(最高経営責任者)。 「クレアボヤント」や「ムカデ計画」とも繋がっており、資金を出している。 第1シーズン第3話「グラヴィトニウム The Asset 」で登場。 アフターライフ [ ] インヒューマンズの為にジャイーンが作ったアジアの山岳地域にあると思われる小さな山郷。 ジャイーンをインヒューマンズの長としてゴードンやリンカーンらによって運営されている。 第2シーズンに登場。 ジャイーン 演 - () スカイの実の母親。 1989年、ダニエル・ホワイトホールの人体実験により殺害された女性。 しかし、インヒューマンズである彼女は不老と再生の能力の持ち主であった為、切り刻まれて遺棄された身体を夫であるカルビンが繋ぎ合わせて再生した。 その際の縫い目が全身に残っている。 能力が現れたスカイの前にゴードンが現れ、スカイをアフターライフへと拐って来たことで親子の再会を果たす。 第2シーズン第8話「兄弟の再会 The Things We Bury 」で登場。 ゴードン 演 - テレポーテーション能力を持つ中年男性のインヒューマンズ。 思い描くだけで自在に場所から場所へと瞬時に転位が出来、その距離自由自在である。 能力が覚醒したスカイの前に現れて彼女をアフターライフへと導いた。 第2シーズン第10話「オベリスクの力 What They Become 」で登場。 インヒューマンズ [ ] 「」も参照 第2シーズンから登場。 ヒドラによって狙われる、特殊能力を持った人々。 第2シーズン、第3シーズンを通して話の鍵を握っている。 第2シーズンの最後に、海に沈んだテリジェンクリスタルから流れ出た成分を含んだ魚から作られたフィッシュオイルによって、世界中の人々の眠っていた特殊能力を覚醒させ世界中の人々を混乱と恐怖に陥れた存在。 しかし、それは彼らが望んで変化した訳ではなく、自身の変化に混乱する者もいれば、手に入れた力を悪用するものもいる。 第2シーズン 周りのすべての物体の振動と共鳴する能力を持ち、その能力で地震を起こすこともできる。 レイナ 身体にトゲのようなものが生えており、予見の能力を持つ。 変化してしばらくは能力が不明であった。 リンカーン・キャンベル 演 - () 電気を操る能力を持つ。 元医大生。 アフターライフで生活をしていたが。 第2シーズン第16話「アフターライフ Afterlife 」で登場。 第3シーズン ジョーイ・グティエレス 演 - () 建設作業員。 金属を溶かす能力を持つ。 ATCUに追われていたところをデイジー達によって助けられる。 第3シーズン第1話「自然の法則 Laws of Nature 」で登場。 ラッシュ 演 - マット・ウィリグ () インヒューマンズの命を狙う。 インヒューマンズを見境無く殺したが、第3シーズンで洗脳されたデイジーを助ける一面も。 登場時正体は不明だったが後にガーナー博士と判明する。 第3シーズン第1話「自然の法則 Laws of Nature 」で登場。 エレナ・"ヨーヨー"・ロドリゲス 演 - () 高速移動能力を持つ。 コロンビア出身。 第3シーズン第11話「高速移動する女 Bouncing Back 」で登場。 () 演 - () 触れたものを熱する能力を持つ。 以前はアフターライフで生活をしていたが追放された。 第3シーズン第16話「儀式 Paradise Lost 」で登場。 ATCU [ ] マーシュ・エリス大統領が組織したインヒューマンズを捕らえる特殊部隊(Advanced Threat Containment Unit)。 第3シーズンに登場。 第3シーズン ロザリンド・プライス 演 - () () ATCUの指揮官。 第3シーズン第1話「自然の法則 Laws of Nature 」で登場。 ルーサー・バンクス 演 - () ロザリンド・プライスの部下。 第3シーズン第1話「自然の法則 Laws of Nature 」で登場。 ライトハウス [ ] 第5シーズン ディーク・ショウ 演 - ()() バージルと親しかったが予言は信じていない。 フレームワークのようなものを作り、一部の住民に提供している。 後に協力者となる。 第5シーズン第1話「オリエンテーション 前編 Orientation Part One 」で登場。 テス 演 - () () コールソンたちの腕にメタリックがないことに気づきこの時代の人間ではないことを知る。 第5シーズン第2話「オリエンテーション 後編 Orientation Part Two 」で登場。 フリント 演 - () ライトハウスの住人。 幼い頃に両親を亡くした。 テスを姉のように慕う。 テリジェネシスを経て石を操る能力を持つインヒューマンズになる。 第5シーズン第3話「奪われる命 A Life Spent 」で登場。 クリー族 [ ] 第5シーズン カサイアス () () ライトハウスを支配するクリー人。 冷血な性格の持ち主。 第5シーズン第2話「オリエンテーション Orientation Part Two 」で登場。 シナラ () カサイアスの右腕で無口なクリー人。 金属の球を操る能力を持つ。 第5シーズン第2話「オリエンテーション Orientation Part Two 」で登場。 後に身体の一部を機械化する「デスロック計画」の一環として失った右脚を人工物に変えられてしまう。 エースという息子がいる。 第1シーズン第1話「シールド精鋭チーム誕生 Pilot 」で登場。 () 演 - スカイの父親で医師。 短気であり激昂すると誰も止められないほどの怪力になる。 娘に合うためホワイトホールを利用する。 オベリスクに詳しい。 ウィスコンシン州で働いていた。 第1シーズン第22話「終わりの始まり Beginning of the End 」で登場。 第3シーズン ホールデン・ラドクリフ博士 演 - () 超人間主義で人体改造に詳しい。 農薬会社で寄生生物関係の主任研究員をしていたが、解雇されている。 第3シーズン第18話「特異点 The Singularity 」で登場。 エイダ(A. A) 演 - () ラドクリフ博士の研究により生み出されたライフ・モデル・デコイ(略称はLMD。 人間そっくりのアンドロイド)。 第3シーズン第22話「上昇 Ascension 」で登場。 名前のエイダは「Artificial Intelligent Digital Assistant(人工知能デジタルアシスタント)」の頭文字から。 ストリートギャングのフィフス・ストリート・ロコスの銃撃による交通事故で死亡するが、ゴーストライダーとの取引により復活する。 身中に復讐の精霊(Spirit of Vengeance)を宿してゴーストライダーとなった彼は、地獄の炎をまとった黒い69年式を駆って犯罪者を処刑している。 デイジー(=クェイク)に協力して、S. を助ける。 第4シーズン第1話「ゴースト The Ghost 」で登場。 ゲイブ・レイエス 演 - () ロビーの弟で、ある事件をきっかけに下半身不随になり、車椅子での生活をしている。 第4シーズン第1話「ゴースト The Ghost 」で登場。 イライアス・"イーライ"・モロー 演 - レイエス兄弟の叔父。 モーメンタム研究所で電気技師をしていた。 上司に対する暴行の罪でサウスリッジ刑務所に服役中。 モーメンタム研究所で魔導書「ダークホールド」の知識を用いた無からの物質生成実験が行われているのを目撃する。 第4シーズン第4話「炎の2人 Let Me Stand Next to Your Fire 」で登場。 ヴィジェイ・ナディール 演 - () エレン・ナディール議員の弟。 第4シーズン第7話「悪魔との取引 Deals with Our Devils 」で登場。 アントン・イワノフ 演 - () () ウォッチドッグのリーダー。 コールソンやS. に対して強い反感を持つ。 第4シーズン第12話「ホットポテト作戦 Hot Potato Soup 」で登場。 イノック 演 - () 3万年前に白鳥座の惑星から地球にやってきたクロニコム。 人間の進化を研究し記録している。 予言をもとにコールソン達をライトハウスへ送る。 第4シーズン第22話「世界の終わり World's End 」 ゲスト・その他のキャラクター [ ] 第1シーズン 演 - () S. の副長官。 『』での出来事がきかっけとなり、 ()で働いていることが第1シーズン第20話「任務と悪意 Nothing Personal 」で描かれている。 第1シーズン第1話「シールド精鋭チーム誕生 Pilot 」でシリーズ初登場。 ストライテン博士 演 - () () コールソンの蘇生を監督したS. の医師。 第1シーズン第1話「シールド精鋭チーム誕生 Pilot 」で登場。 演 - () S. の元長官でコールソンとギャレットの元監督者。 第1シーズン第22話「終わりの始まり Beginning of the End 」でコールソンを新長官に任命する。 第1シーズン第2話「084 0-8-4 」でシリーズ初登場。 カミラ・レイエス 演 - () ペルーの憲兵隊員。 コールソンの旧友。 第1シーズン第2話「084 0-8-4 」で登場。 () 演 - () 元S. でフィッツとシモンズの師。 「グラヴィトニウム」の研究をしている。 第1シーズン第3話「グラヴィトニウム The Asset 」で登場。 アケーラ・アマドール 演 - パスカル・アルマーンド () 元S. でコールソンの教え子。 第1シーズン第4話「裏切り者を救え Eye Spy 」で登場。 「ムカデ計画」に利用するためレイナが誘拐する。 第1シーズン第5話「花のドレスの女 Girl in the Flower Dress 」で登場。 マイルズ・ライドン 演 - () 「ライジング・タイド」の一員。 スカイの元恋人。 第1シーズン第5話「花のドレスの女 Girl in the Flower Dress 」で登場。 () 演 - () S. のエージェントでコールソンの友人。 彼の末路は『』の方で描かれている。 第1シーズン第7話「決死の潜入 The Hub 」でシリーズ初登場。 ヤコブナイ・ストロム 演 - () () カルト教団の首謀者。 第1シーズン第8話「バーサーカー The Well 」で登場。 ペトラ・ラーセン 演 - () () カルト教団の首謀者。 ヤコブナイ・ストロムと行動を共にしている。 第1シーズン第8話「バーサーカー The Well 」で登場。 エリオット・ランドルフ博士 演 - () スペインに住んでいるアスガルドの戦士で人間の北欧神話を研究する大学教授を装っている。 第1シーズン第8話「バーサーカー The Well 」で登場。 ハンナ・ハッチンス 演 - ローラ・シーイー 粒子加速器研究所の責任者。 テレキネシス能力の持ち主の疑いがある。 第1シーズン第9話「テレキネシス Repairs 」で登場。 トバイアス・フォード 演 - 粒子加速器研究所の技術者で、研究所の爆発事故に巻き込まれてしまう。 第1シーズン第9話「テレキネシス Repairs 」で登場。 ロイド・ラスマン 演 - () 犯罪疑惑のある富豪。 スカイに車を盗まれ、家にも侵入される。 第1シーズン第11話「魔法の国 The Magical Place 」で登場。 グッドマン博士 演 - () コールソンの下でタヒチ計画のために働き、また彼の蘇生にも関わったS. の医師。 第1シーズン第11話「魔法の国 The Magical Place 」で登場。 演 - () 気象コントロールデバイスを作ったS. 科学技術アカデミーの士官候補生。 第1シーズン第12話「シールド・アカデミー Seeds 」で登場。 L・エイヴリー スカイを養護施設に送ったエージェント。 既に死亡している。 リチャード・ラムレイ 演 - () () エイヴリーの死後、失踪したエージェント。 第1シーズン第12話「シールド・アカデミー Seeds 」で登場。 列車の紳士 演 - () カメオ出演。 第1シーズン第13話「謎の荷物 T. 」で登場。 ローレライ 演 - () あらゆる男を誘惑する能力を持つアスガーディアン。 第1シーズン第14話「タヒチ T. 」で登場。 演 - () 北欧神話のを基としたキャラクターで、アスガルドの戦士でソーの幼馴染。 第1シーズン第15話「ローレライの罠 Yes Men 」でシリーズ初登場。 トーマス・ナッシュ 演 - () クレアボヤントと疑われる植物状態の男。 第1シーズン第16話「始まりの終わり End of the Beginning 」で登場。 フェリックス・ブレイク 演 - () S. のエージェント。 任務中にによって重傷を負う。 第1シーズン第16話「始まりの終わり End of the Beginning 」でシリーズ初登場。 オードリー・ネイサン 演 - () 『』以前からコールソンと親しい関係にあった、出身のチェロ奏者。 第1シーズン第19話「ひと筋の光 The Only Light in the Darkness 」で登場。 の施設、フリッジに投獄されていたが解放される。 第1シーズン第19話「ひと筋の光 The Only Light in the Darkness 」で登場。 リアン・メイ 演 - メリンダ・メイの母親でへのコントクトを導く。 第1シーズン第19話「ひと筋の光 The Only Light in the Darkness 」で登場。 第2シーズン 演 - () 戦略科学予備軍の一員でS. の共同創設者。 第2シーズン第1話「新生S. 始動 Shadows 」でシリーズ初登場。 第2シーズンでは劇中に顔写真や名前が度々現れる。 ジム・モリタ 演 - ペギー・カーターと共に働くハウリング・コマンドーズのメンバーで、日系アメリカ人。 第2シーズン第1話「新生S. 始動 Shadows 」でシリーズ初登場。 ティモシー・"ダム・ダム"・デュガン 演 - ペギー・カーターと共に働くハウリング・コマンドーズのメンバー。 第2シーズン第1話「新生S. 始動 Shadows 」でシリーズ初登場。 イサベル・"イジー"・ハートレー 演 - () S. のエージェント。 ナイフを使った戦闘が得意。 スカイ達と共に任務を行う。 第2シーズン第1話「新生S. 始動 Shadows 」で登場。 演 - () ギャレットによって殺されたと思われていた能力者。 触れた物体の特性を吸収できる能力を持つ。 第2シリーズ第1話「新生S. 始動 Shadows 」で登場。 演 - ジョージ・ステファノプロス 本人役でカメオ出演。 第2シーズン第1話「 新生S. 始動 Shadows」で登場。 ケニス・タージョン 演 - アダム・カルバーシュ ヒドラの研究所で働く研究員。 のスパイという汚名を着せられる。 第2シーズン第2話「氷の男 Making Friends and Influencing People 」で登場。 マーカス・スカロッティ 演 - () 国連のニューヨーク本部を襲ったヒドラの傭兵。 スプリンター爆弾を使って暗殺を行った。 第2シーズン第6話「スプリンター爆弾 A Fractured House 」で登場。 トシロウ・モリ 演 - 日本の沖縄に住むエンジニアであり、スプリンター爆弾の開発に携わる。 ボビーと親しい。 第2シーズン第6話「スプリンター爆弾 A Fractured House 」で登場。 クリスチャン・ウォード 演 - グラント・ウォードの兄で、過去にグラントやその弟のトーマスを虐待していたマサチューセッツ州の上院議員。 第2シーズン第6話「スプリンター爆弾 A Fractured House 」で登場。 セバスチャン・デリク 演 - () 元暗殺者。 GH325血清の副作用(ハイパーグラフィア)に苦しむ。 身体に謎のタトゥーを彫っている。 記憶を消されるが後に蘇る。 第2シーズン第6話「スプリンター爆弾 A Fractured House 」で登場。 記憶を変え画家として暮らす。 第2シーズン第7話「最後のピース The Writing on the Wall 」で登場。 記憶を変え妻と息子と暮らす。 溶接業を営む。 第2シーズン第7話「最後のピース The Writing on the Wall 」で登場。 ドクター・リスト 演 - () (『』に登場)の右腕の研究者。 ホワイトホールが失脚した後、ヒドラ幹部を集め会合を開く。 第2シーズン第11話「衝撃のあと Aftershocks 」で登場。 オクタヴィアン・ブルーム 演 - () ヒドラの幹部の一人。 ホワイトホールが失脚した後、ヒドラ幹部を集めた会合は彼の邸宅で開かれた。 第2シーズン第11話「衝撃のあと Aftershocks 」で登場。 ヴィン・タク 演 - 正体はクリー人。 預言者を回収及び能力を覚醒したインヒューマンズを抹殺しに来た。 他人の記憶を消すハンマーを装備している。 なお、記憶を戻すこともできる。 第2シーズン第12話「記憶をなくした戦士 Who You Really Are 」で登場。 カーラ・ギデオン 演 - 両手の指先に刃物が移植されている。 第2シーズン第13話「能力者たち One of Us 」で登場。 オリバー 演 - マーク・アラン・スチュワート S. Dの別の派閥の上層部の一人。 第2シーズン第14話「顔のない女 Love in the Time of Hydra 」で登場。 トーマス・カルデロン 演 - S. Dの別の派閥の上層部の一人。 第2シーズン第14話「顔のない女 Love in the Time of Hydra 」で登場。 ハーネスト・エッディ 演 - ストーニー・ウェストモアランド 中古車販売店のオーナー。 コールソンとハンターが尋ねる。 第2シーズン第16話「アフターライフ Afterlife 」で登場。 エヴァ・ベルコフ 演 - () 怪力な力を持つ女性。 がバーレーンで捕獲しようとする。 第2シーズン第17話「メリンダ Melinda 」で登場。 ケイティ 演 - バーレーンの街に住む少女。 第2シーズン第17話「メリンダ Melinda 」で登場。 アリーシャ・ホイットリー 演 - アリシア・ベラ・ベイリー 自身の分身を離れたところからも操る能力を持つインヒューマンズ。 第2シーズン第20話「傷 Scars 」で登場。 キーボ 演 - () グラント・ウォードの部下。 第2シーズン第22話「S. 後編 S. Part Two 」で登場。 第3シーズン ヨセフ・ハダド 演 - イドゥ・エズラ 謎の石「モノリス」に関わる巻物を持っている男。 フィッツがモロッコまで訪ねて行く。 第3シーズン第1話「自然の法則 Laws of Nature 」で登場。 ウィリアム・メイ 演 - メリンダ・メイの父親。 足を骨折しリハビリ中である。 第3シーズン第2話「扉の向こうへ Purpose in the Machine 」で登場。 スパッド 演 - ハンターの旧友。 第3シーズン第3話「ファイト・クラブ A Wanted Inhu man 」で登場。 ドワイト・フライ 演 - 元プログラマー。 ラッシュに協力している疑いがある。 第3シーズン第4話「協力関係 Devils You Know 」で登場。 ウィル・ダニエルズ 演 - () NASAの宇宙飛行士。 第3シーズン第5話「4722時間 4,722 Hours 」で登場。 スティーブ・ウィルソン 演 - () ロザリンドの部下でATCUのセキュリティ担当。 第3シーズン第8話「いくつもの首 Many Heads, One Tale 」で登場。 トーマス・ウォード 演 - () グラント・ウォードの弟。 グラントとは距離を置いている。 第3シーズン第9話「ヒドラの扉 Closure 」で登場。 ルシオ 演 - ゲイブリエル・サーバダー 目を合わせた者を硬直させる能力を持つインヒューマンズ。 第3シーズン第11話「高速移動する女 Bouncing Back 」で登場。 アントン・ペトロフ 演 - 台湾のシンポジウムに参加するロシア人。 インヒューマンズ保護区を作る提案をする。 第3シーズン第12話「スパイを探せ The Inside Man 」で登場。 アンドロビッチ将軍 演 - () ロシアの国防大臣。 の元殺し屋でインヒューマンズ。 第3シーズン第13話「ラスト・ショット Parting Shot 」で登場。 ステファニー・マリック 演 - ギデオン・マリックの娘。 第3シーズン第13話「ラスト・ショット Parting Shot 」で登場。 ルーベン・マッケンジー 演 - () マックの弟でイリノイ州に住む。 勤めていた会社をリストラされてしまい悩んでいる。 異星人を排除しようとするウォッチドッグの主張に共感している。 第3シーズン第14話「番犬たち Watchdogs 」で登場。 アンダーソン 演 - () プレイグラウンド基地で働くS. のエージェント。 第3シーズン第15話「ロビン Spacetime 」で登場。 チャールズ・ヒントン 演 - () 触れた者の未来を予知する能力を持つインヒューマンズ。 触れた者もその未来を知る。 妻と娘のロビンがいる。 第3シーズン第15話「ロビン Spacetime 」で登場。 リーパー ハイヴを作ったクリー人達。 生きているクリー人を利用するためハイヴが地球に召喚した。 第3シーズン第19話「実験失敗 Failed Experiments 」で登場。 第4シーズン ルーシー・バウアー 演 - リリー・バーセル モーメンタム研究所で働いていた女性でリーダー。 「ダークホールド」を探し求める。 第4シーズン第1話「ゴースト The Ghost 」で登場。 ジョセフ・バウアー 演 - ルーシーの夫で長い間昏睡状態だった。 第4シーズン第4話「炎の2人 Let Me Stand Next to Your Fire 」で登場。 サンティーノ・ナグエラ 演 - () 元5丁目ギャングのメンバー。 サウスブリッジ刑務所で服役している。 第4シーズン第5話「衝撃の告白 Lockup 」で登場。 タッカー・ショックリー 演 - () ウォッチドッグのリーダーの右腕。 第4シーズン第9話「破られた約束 Broken Promises 」で登場。 アグネス・キッツワース 演 - () オーストラリアに住んでいたが、現在はスペインで生活している。 ラドクリフ博士の元恋人でエイダのモデルとなった女性であるが、多形性膠芽腫を患っている。 第4シーズン第13話「爆弾男 BOOM 」で登場。 バーネル 演 - タージ・スペイツ フレームワーク内のアレキサンダーピアース高校でコールソンの授業を受けている生徒。 ジェマに自分の車を貸す。 第4シーズン第16話「フレームワーク What If... 」で登場。 クリス・アドラー 演 - スカイラー・ジェームス フレームワーク内のアレキサンダーピアース高校でコールソンの授業を受けている生徒。 授業中にヒドラに連行されてしまう。 第4シーズン第16話「フレームワーク What If... 」で登場。 ホープ・マッケンジー 演 - ジョーダン・リベラ フレームワーク内のマックの娘。 二人で生活をしている。 第4シーズン第17話「反対の世界 Identity and Change 」で登場。 アリステア・フィッツ 演 - () フレームワーク内のレオ・フィッツの父親。 第4シーズン第18話「後悔と人生 No Regrets 」で登場。 第5シーズン バージル 演 - () ライトハウスの住人。 コールソンと出会う。 第5シーズン第1話「オリエンテーション Orientation Part One 」で登場。 グリル 演 - ライトハウスで廃品回収の仕事を取り仕切る。 横暴で自分に対抗するものには容赦ない。 第5シーズン第2話「オリエンテーション 後編 Orientation Part Two 」で登場。 ゼブ 演 - グリルの右腕。 第5シーズン第2話「オリエンテーション 後編 Orientation Part Two 」で登場。 アビー 演 - テリジェネシスを経てインヒューマンズになった少女。 分子密度を操る能力を持つが制御できず苦労する。 第5シーズン第3話「奪われる命 A Life Spent 」で登場。 フランク () () クリー人でカサイアスの兄。 タリアン () クリー人でカサイアスの父。 第5シーズン第20話「我らすべてを救うもの The One Who Will Save Us All 」で登場。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の