炭 治郎 の 歌。 鬼滅の刃 「竈門炭治郎のうた」の配信が決定!! │ inANIME

竈門炭治郎のうた|ヤマハミュージックデータショップ(YAMAHA MUSIC DATA SHOP)

炭 治郎 の 歌

^^ 亡くなった父親の後を継いで炭焼きを営んでいました。 ある日仕事の都合ですぐに家に帰ることができず、仕方なく外泊することになった炭治郎。 すると、彼に悲劇が訪れました。 翌日、家に帰った炭治郎を待っていたのは・・・。 変わり果てた母親と兄弟たちの姿でした。 それらは全て鬼の仕業だったのです。 奇跡的に生きていた妹も、鬼へと変わり果ててしまっていました。 炭治郎は、 鬼になってしまった妹を人間に戻すこと。 そして 家族のかたきを討つこと。 これらを目的に鬼を狩る組織・鬼殺隊に入隊するのでした。 スポンサーリンク 炭治郎の顔の痣の謎 出典元:ツイッター 恐らく初見で最初に気になるのは、 炭治郎の左の額にある火傷のような痣ではないでしょうか? 普通にかわいらしい顔に、これだけの痣があったら凄く目立ちますよね! では、 この痣は一体なぜできてしまったのか? 何か大きな理由があるのか? 炭治郎の父親にも生まれつき同じ痣があったことも関連があるのか? などなど、考察が好きな方は気になって仕方ないと思いますが。 理由は以外にもシンプルなものでした。 ^^ その理由がこちらの画像で語られています。 出典元:ツイッター 炭治郎は弟を火鉢からかばった際に、額に火傷を負ってしまったんです! どうやら 後天的にできた痣のようです。 その後、炭治郎は鬼殺隊への入隊を希望。 鬼殺隊最終選別の際にも火傷と同じ場所に傷を追ってしまい、さらに痣の色が濃くなってしまいました。 このように炭治郎の痣の経緯を見てみると、 ただの個性付のためのもののようにも感じられますが・・・。 んなわけありません〜! 炭治郎の覚醒はいつ? 原作漫画94話で、 炭治郎は絶体絶命のピンチに陥ってしまいます! そんな中で炭治郎は必死に考え、 つま先から頭の先まで使って限界を超えきっていた体には、ある変化が・・・。 出典元:ツイッター なんと!痣が色濃く大きくなり、限界を超えた力を発揮して勝利する炭治郎! まさに「覚醒」とも言えるこの瞬間ですが、 原作漫画では94話でのでき事となっています。 アニメだと・・・2クール目が無いと見られないかもしれません。 【追記】炭治郎の痣は確かに後からできたものです。 ですが、炭治郎が使う「日の呼吸」の開祖・ 継国縁壱 にも、同じように痣がありました。 出典元:ツイッター 【追記】この痣の出現条件が判明しました。 ただ、 継国縁壱だけは老人になって兄(上弦の壱・黒死牟)と対峙するまで長生きでしたので、 もしかしたら縁壱だけは特別だったのかもしれません。 無残を倒すための、人間として限界以上の力を発揮する痣持ちの剣士たち。 柱たちと炭治郎・善逸・伊之助・カナヲたちで強力タッグを組み鬼を倒していき、 悲しみの連鎖を断ち切って欲しいですね。

次の

竈門炭治郎のうた|ヤマハミュージックデータショップ(YAMAHA MUSIC DATA SHOP)

炭 治郎 の 歌

何故なら、炭治郎の体調がよくなってきたから。 数日前はもう、アオイがベッドに縛り付けそうな勢いの大怪我具合だったけれど、 幸いなことに回復が早く、もう自由に歩けるようになったみたい。 ここに来た時は寝込みがちで、枕元についていたこともあったけれど、これで一安心、かな。 カナエ姉さんに教わったこの歌は、曲名も歌詞も知らないけれど、ただただこの旋律が好きでよく口ずさんでいるの。 この歌を歌う時は、いつも小鳥たちが寄ってきてくれる。 フフ、かわいいよね。 こんな風に心穏やかに歌を歌って過ごせるようになったのも、炭治郎のケガが回復してくれたからよ。 「おっ、カナヲじゃないか」 「!」 「いやぁ、外から綺麗な歌声が聞こえるなぁって思ったから、誰かな~と思ってきてみれば、カナヲだったんだ!どうりで綺麗な歌声のはずだ」 「……」 「……どうした?カナヲ。 顔を赤くして、口をパクパクさせちゃって」 「……」 恥ずかしい。 まさか、炭治郎に聞かれてしまうとは思わなかった。 そうよ。 いつも歌を歌っていた時は、炭治郎が任務で出かけている時が多かったから油断していた。 今日も、大分回復してきたとは言えいきなり外まで歩き回らないだろうと思っていたのが間違いだった。 あぁ、まさか気持ちよさそうに歌っていた所を見られるだなんて、恥ずかしい…… そんな私の様子にお構いなしに、炭治郎は私の隣に腰かけてくる。 「もしかして、歌ってる所を見られたの、恥ずかしかった?」 「……」 こくこく、と頷いて見せる。 「ハハッ、急に来ちゃったからな。 ごめんごめん。 でもさ、少しも恥ずかしがることないと思うよ?」 「?」 「だってさ、カナヲの歌声、本当に綺麗だった。 俺、歌声に惹かれてここまで来ちゃったんだもん。 それだけ、カナヲの歌声には魅力があるんだよ。 そんな風に言って、はにかみながらこっちを見つめるの、ずるいって思う。 嘘偽りのない、屈託のない笑顔が眩しくって、つい私は顔を逸らしてしまう。 胸の奥がトクン、トクンって高鳴るのがわかる。 なにこれ、なんなのこの高鳴り……無意識の内に手を当てた頬が熱くなっているのを感じる。 「歌かぁ、懐かしいなぁ」 「……懐かしい?」 「あぁ。 俺もさ、家にいて、家族といた頃はよく歌っていたんだ。 子守歌だけどね。 俺は長男だからさ、弟や妹を寝かしつけるのによく歌っていたんだ。 禰豆子にだって歌っていたんだ」 「……」 炭治郎のこの「長男だから」って言うの、かわいいなって思う。 お兄ちゃんだからしっかりしなきゃっていうのは確かにあるんだろうけど、それでもことあるごとに「長男だから」って自分で言っちゃう所は、責任感の強さの現れなんだろうけど、しっかりしているように見えて年相応なんだなぁって、ついかわいく感じてしまう。 「……ねぇ」 「うん?どうした?」 「歌ってくれる?」 「えっ……?」 「ホラ、私もね。 末っ子なの。 上に二人、お姉さんがいるの。 でもね、長男はいないの。 だから、代わりに」 「か、代わりって!って言うかカナヲのお姉さんって、しのぶさんだろう?その代わりに俺が歌うなんて……」 「いいの」 「い、いいのか?」 「うん。 炭治郎がいいの」 「そ、そっか……なんだか照れるなぁ。 コホン」 観念したのか、炭治郎はひとつ咳払いをして呼吸を整えると、ゆっくりと歌い始めた。 望郷の念にかられるような。 家族のぬくもりを思い起こさせるような。 誰かにつつみこまれるような。 初めて聴いたのに、どこかなつかしさを覚えるような曲。 聴いていて、すごく心が落ち着いてくる。 あぁ、長男として炭治郎がいて、そして私が妹としてこの歌を聴けていたら、きっと幸せだったんだろうなぁ…… 叶わぬ願い、そして自分の境遇を思うと少しだけ涙がこぼれた。 だけど、炭治郎の歌声は私の心を優しく優しく包んでくれた。 そして。 なんだろう、この声は。 どこから聞こえてくるんだろう。 温かい声。 優しい声。 カナヲ?大丈夫か?」 「……!」 炭治郎の声で目が覚めた。 ……目が覚めた? えっ、私、寝ていたの……? 「ハハ、起きたかい?いやぁ、こんなにすんなり寝てくれるなんて、俺の子守歌も捨てたものじゃないかもしれないな」 「!」 思わずハッと身体を離した。 どうやら私は寝てしまって、横に座る炭治郎の身体にもたれかかっていたみたい。 私の頭は炭治郎の肩に乗っていたみたいで…… やだ、恥ずかしい…… 「ご、ごめんなさいっ」 「えっ?どうして謝るの?」 「だ、だってその、私……炭治郎に、もたれかかって、その」 「あぁ、気にしなくていいよ」 「えっ……?」 「だってほら、俺、弟たちの為に沢山子守歌歌っていたからさ。 寝静まった弟たちが俺にもたれかかってきたりするのには慣れているんだ。 末っ子の六太とか寝るの早くてホントかわいかったんだ!」 「……」 「……カナヲ?」 ずるいって思った。 炭治郎が語る、家族との子守歌の温かい思い出。 それは当然ながら私の知らない思い出。 いいなぁって、ずるいなぁって思った。 「ねぇ、炭治郎」 「なんだい?」 「もうちょっと、歌ってくれる?」 「えっ?うん、勿論いいよ」 「……」 「でも、どうして?俺は子守歌しか知らないから、それしか歌えないんだけど」 「ううん、それがいいの」 「そうなのか?」 「うん……炭治郎が弟くんたちに歌っていた思い出を、私は知らない。 だけど、炭治郎が私の為に歌ってくれるのは、私だけの思い出でしょう?」 「よくわからないけど、カナヲがそれでいいのなら、いいよ、歌うよ」 「うん……!」 こうして炭治郎は、子守歌を繰り返し歌ってくれた。 私だけのために、何度も何度もやさしい歌声で歌ってくれた。 ずっとその歌声を聴いてしまっていたけれど、やっぱりまた寝てしまっていた。 だって、炭治郎の歌声、優しいんだもん。 気づいたらその後、炭治郎まで眠くなってしまったみたいで、 私達は縁側で、肩を寄せ合って寝静まっていたみたい…… 温かかったけど、とっても恥ずかしかった……! その後、私達は外でうたた寝をしていたのがたたって、二人仲良く風邪を引いちゃって、アオイに怒られてしまうのでした。

次の

「竈門炭治郎のうた(灶门炭治郎之歌)」【罗马音+假名歌词】鬼滅の刃/鬼灭之刃 插曲

炭 治郎 の 歌

^^ 亡くなった父親の後を継いで炭焼きを営んでいました。 ある日仕事の都合ですぐに家に帰ることができず、仕方なく外泊することになった炭治郎。 すると、彼に悲劇が訪れました。 翌日、家に帰った炭治郎を待っていたのは・・・。 変わり果てた母親と兄弟たちの姿でした。 それらは全て鬼の仕業だったのです。 奇跡的に生きていた妹も、鬼へと変わり果ててしまっていました。 炭治郎は、 鬼になってしまった妹を人間に戻すこと。 そして 家族のかたきを討つこと。 これらを目的に鬼を狩る組織・鬼殺隊に入隊するのでした。 スポンサーリンク 炭治郎の顔の痣の謎 出典元:ツイッター 恐らく初見で最初に気になるのは、 炭治郎の左の額にある火傷のような痣ではないでしょうか? 普通にかわいらしい顔に、これだけの痣があったら凄く目立ちますよね! では、 この痣は一体なぜできてしまったのか? 何か大きな理由があるのか? 炭治郎の父親にも生まれつき同じ痣があったことも関連があるのか? などなど、考察が好きな方は気になって仕方ないと思いますが。 理由は以外にもシンプルなものでした。 ^^ その理由がこちらの画像で語られています。 出典元:ツイッター 炭治郎は弟を火鉢からかばった際に、額に火傷を負ってしまったんです! どうやら 後天的にできた痣のようです。 その後、炭治郎は鬼殺隊への入隊を希望。 鬼殺隊最終選別の際にも火傷と同じ場所に傷を追ってしまい、さらに痣の色が濃くなってしまいました。 このように炭治郎の痣の経緯を見てみると、 ただの個性付のためのもののようにも感じられますが・・・。 んなわけありません〜! 炭治郎の覚醒はいつ? 原作漫画94話で、 炭治郎は絶体絶命のピンチに陥ってしまいます! そんな中で炭治郎は必死に考え、 つま先から頭の先まで使って限界を超えきっていた体には、ある変化が・・・。 出典元:ツイッター なんと!痣が色濃く大きくなり、限界を超えた力を発揮して勝利する炭治郎! まさに「覚醒」とも言えるこの瞬間ですが、 原作漫画では94話でのでき事となっています。 アニメだと・・・2クール目が無いと見られないかもしれません。 【追記】炭治郎の痣は確かに後からできたものです。 ですが、炭治郎が使う「日の呼吸」の開祖・ 継国縁壱 にも、同じように痣がありました。 出典元:ツイッター 【追記】この痣の出現条件が判明しました。 ただ、 継国縁壱だけは老人になって兄(上弦の壱・黒死牟)と対峙するまで長生きでしたので、 もしかしたら縁壱だけは特別だったのかもしれません。 無残を倒すための、人間として限界以上の力を発揮する痣持ちの剣士たち。 柱たちと炭治郎・善逸・伊之助・カナヲたちで強力タッグを組み鬼を倒していき、 悲しみの連鎖を断ち切って欲しいですね。

次の