フードロス こだま。 フードロスは日本においてそもそもなぜ問題になるのでしょうか?

フードロスは日本においてそもそもなぜ問題になるのでしょうか?

フードロス こだま

食品ロス削減の取り組みは増加傾向 食品ロスは、世界の飢餓を考える上で避けては通れない問題です。 日本では2015年時点で年間2,842万トンの食品廃棄物が出ており、そのうち 646万トンが食品ロスとして廃棄されました。 その中の約半分は家庭から出た食品ロスであるという事実から、事業者、家庭の双方が取り組むべき問題でもあります。 世界に目を向けても、 食品の総生産量の約3分の1である13億トンが食品ロスを含む食品廃棄物となっています。 このような状況を改善するため、食品ロス削減の取り組みは増加傾向にあります。 2015年以降の取り組み状況の推移を見てみると、都道府県では2015年に63. また市町村でも2015年には10. 取り組みの内容としては、住民や消費者への啓発や子どもへの啓発や教育が多く、他にも飲食店での啓発促進、災害用備蓄食料の有効活用など様々な取組が見られます。 (出典:「地方公共団体における食品ロス削減の取組状況(平成 30 年度)について」,2018) (出典:「食品ロス削減関係参考資料」,2019) 全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会も発足 2018年には全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会が発足されました。 この団体は 「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」をスローガンに、賛同する都道府県や市町村により設立され、2019年10月時点で408の自治体が参加しています。 設立目的は、 全国で食べきり運動や3Rを推進し、食品ロスを削減することにあります。 そのための活動内容として、食べきり運動の普及・啓発、食品ロス削減のための取り組みの成果の情報共有や情報発信などの活動を行っています。 具体的な活動としては、食品ロス削減の施策内容をノウハウとして共有したり、食べきり食材使い切りレシピをレシピ投稿サイトで公開したりしています。 また、外食時の食べきりキャンペーンや、家庭での食材の使い切りを全国展開しています。 日本では2015年時点で年間2,842万トンの食品廃棄物が出ており、そのうち646万トンが食品ロスとして廃棄• 食品ロス削減の取り組みは増加傾向にあり、2018年にはすべての都道府県で実施• 「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」をスローガンに、賛同する普通地方公共団体により全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会を設立 (出典:「全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会とは」,2019) 日本の各地域で行われている食品ロス(フードロス)への取り組み事例 先述したように、 都道府県や市町村単位での食品ロスへの取り組みは増加しています。 その中には成果をあげ、取り組み事例として紹介されるような施策も見られます。 日本各地域で行われている食品ロスへの取り組み事例について紹介します。 長野県松本市の取り組み 長野県松本市では「残さず食べよう!30・10(さんまるいちまる)運動」を行っています。 これは 飲食店での食べ残しによる食品ロスを削減するための運動であり、注文では適量を頼み、乾杯後の「30分間」と終了前の「10分間」には自分の席について料理を楽しむ、という取り組みです。 この活動は、自宅での食品ロス削減にもつながるように働きかけています。 毎月30日は冷蔵庫クリーンアップデーとして、冷蔵庫内の野菜や肉などの傷みやすいものを積極的に使用して、中を空にしようという取り組みです。 また、毎月10日はもったいないクッキングデーとして、食べられるのに捨てている野菜の茎や皮などを活用して、子どもと一緒に料理をすることを呼びかけています。 (出典:「食品ロスの削減の取組み」,2019) 岐阜県の取り組み 岐阜県土岐市では災害時用レトルトカレーの有効利用を行っています。 毎年1回、防災の日にちなんで 備蓄食糧を給食として提供することで、災害時用レトルトカレーを廃棄することがない上に、子どもたちの防災意識を高める活動となっています。 賞味期限切れでの廃棄をなくし、有効利用しています。 (出典:「災害時用レトルトカレーを給食で食べて防災意識を高める」) 京都市の取り組み 京都市では 売れ残りによる食品ロスを削減する取り組みが行われています。 加工食品の販売期限を賞味期限または消費期限の日まで延長するという試みで、この取り組みは検証も兼ねています。 販売する際も「値引き商品を買って頂くと、食品ロスが減るんです。 」などの啓発資材を用いて、賞味期限や消費期限が迫った見切り商品の購入促進をすることで、廃棄個数削減につなげています。 (出典:「食品スーパーにおける食品ロス削減効果の検証 京都市 」,2018) 神戸市の取り組み 神戸市では 販売期限が近い値引き商品を手前に配置し、「てまえどり」という値引き商品などから購入してもらう取り組みを行っています。 値引き商品には「なくそう食品ロス! すぐに食べるなら是非!」のラベルを一緒に貼り付け、啓発もしています。 (出典:「商品棚「てまえどり」で食品ロス削減に向けたキャンペーンを実施」)• 都道府県や市町村単位での食品ロスへの取り組みは増加• 成果をあげ、取り組み事例として紹介されるような施策もある• 日本各地域で食品ロスへの取り組みが行われている すぐにできる食品ロス(フードロス)への対策は? 紹介した食品ロス削減の取り組みを含め、日本各地で食品ロスへの対策は促進されています。 しかし行政や企業だけでなく、 消費者である私たちも食品ロスの削減への取り組みが必用です。 そこで、すぐにできる食品ロスの対策についても知り、今日から実際にやってみましょう。 一人ひとりが意識することで削減に大きく近づくはずです。 家庭でできる取り組み まずは家庭でできる取り組みは食品を購入する「買い物」、冷蔵庫などでの「保存」、実際に食べるために行う「調理」のそれぞれで、できることがあります。 基本的には 必要な量だけ購入し、食べきることが削減のポイントとなりますので、それを意識した上で実践してみましょう。 買い物 買い物の前には必ず事前に冷蔵庫内をチェックしましょう。 メモ書きやスマホで撮影した写真が有効です。 それを元に買い物はまとめ買いで大量に購入するのではなく、食べられる量だけ購入するようにします。 購入時は利用予定と期限表示を照らし合わせ、手前に陳列している食品から選んでいくことで、食品ロスを減らすことができます。 保存 冷蔵庫を含め、食品を保存するときは最適な保存方法と場所に保存するようにしましょう。 冷凍や乾燥など下処理をするときはまとめて行うことで食品ロスを減らせます。 期限の長い食品を奥に、近い食品を手前に保存することで、使い忘れによる期限切れを防ぐことができます。 調理 調理の時には残っている食材から使うようにしましょう。 いつか食べると残してある食品は食品ロス予備軍になります。 その日の健康や体調に配慮して食べきれる量を作るように心がけましょう。 定期的に冷蔵庫や収納庫を整理する日を決め、食材を上手に食べきるよう工夫するのも食品ロス削減につながります。 外食時にできる取り組み 外食時には店選びにおいて、 食品ロス削減に積極的な店を選ぶことで、必然的に食品ロスを抑えることができます。 そして、自身が 注文するときも食べられる分だけ注文するようにしましょう。 さらに宴会などでは飲んで話すことに一生懸命になり、食べ残すことがあるので、 料理を美味しく食べきる食べきりの呼びかけをすることも大切です。 行政や企業だけでなく、消費者である私たちも食品ロスの削減に向けた取り組みが必用• 家庭では必要な量だけ購入し、食べきることが食品ロス削減のポイント• 外食時には、食品ロス削減に積極的な店を選び、食べられる分だけ注文して食べきる (出典:「食品ロス削減国民運動」,2018) (出典:「今日から実践!食品ロス削減」,2018) 日ごろの生活を見直し、できることから始めよう 食品ロスを削減するために、日本国内でも様々な取り組みが行われています。 全国的にもその動きは増加しており、多くの場所で取り組まれています。 食品ロスをなくすための企業努力を、私たち消費者が無駄にしてはいけません。 日ごろの生活を見直して、できることから始めることで削減はさらに進むことでしょう。 上記で紹介した通り、すぐにでもできることがたくさんあります。 いきなり全て実践するのは難しくても、まずはできることから始めることをおすすめします。 一人ひとりが意識して行動することで、食品ロスが限りなく0に近い社会を作っていきましょう。

次の

フードロス

フードロス こだま

写真/Getty Images 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴う休校で給食がなくなったことや、飲食店の休業、物産展の中止などで、食材や食べ物の需要が減り、予定通りに出荷できなくなっている農家や企業が増加。 そうした人たちを支援しようとプロジェクトが相次いで立ち上げられ、また、もともとフードロス対策を行っていた事業者がコロナロス商品を扱うケースも増えている。 中には通常よりも値引きされているものもあり、お得に購入できることも! フードロスを扱う通販サイトを利用することは、買い物も満足に行けない自粛期間中にネットで買うことができ、困っている人を助けることにもつながる。 そこでコロナロス食材を買える通販サイトをまとめて紹介する。 【目次】• 「在庫ロス掲示板」割引率が50%超の食品も 掲示板形式で事業者が投稿しているため、情報の更新が早い。 米やパンなどの主食や、肉・魚・野菜といった生鮮食品、飲料やレトルト食品など扱うフードロス商品の種類も豊富。 割引率が記載されており、50%を超えるものもある。 【データ】 新型コロナウイルスによる在庫ロスでお困りの方を支援するためのサイト「在庫ロス掲示板」 「 POCKET MARCHE(ポケットマルシェ)」タグで絞り込みが便利 検索やカテゴリだけでなく、全商品の中からタグで絞り込むことができるのが特徴。 カテゴリとタグを組み合わせて商品を見ることもできるので、お目当ての品を見つけやすく実用的。 「 新型コロナで困っています」のタグで抽出することで、コロナロスの商品を見つけることができる。 また、扱う商品に関するコラムもあるので、購入の参考に。 【データ】 POCKET MARCHE(ポケットマルシェ) 「食べチョク」生産者情報掲載で安心! 生産者と消費者を直接つなぐことで、生産者の顔が見える農産物など購入することができる「食べチョク」では、「コロナでお困りの野菜や肉、魚の生産者さん」という特集ページを公開している。 生産者情報も掲載されており、農薬や肥料、エサへのこだわりなどを知ったうえで購入することができる。 【データ】 食べチョク「コロナでお困りの野菜や肉、魚の生産者さん」 「豊洲市場」市場から訳あり品を直送 東京・豊洲市場で扱われている生鮮食品を中心に、お得な訳あり品を販売するサイト。 新たな東京の台所となった大きな市場だけに、全国のさまざまな食べ物が集まっている。 【データ】 豊洲市場から食べ物のムダをなくそうプロジェクト「フードロス削減ドットコム」 「Otameshi(オタメシ)」在庫ロスサイトがコロナロスも救済 品質には問題はないものの、さまざまな事情で従来廃棄されていた商品をお得に購入でき、購入者が選んだ社会貢献活動団体に売上の一部を寄付できる通販サイト「Otameshi(オタメシ)」。 同サイトの支援ページでは、販売者による商品ページにリンクが貼られており、直接購入することができる。 ご当地グルメや工芸品など、珍しい商品も多い。 【データ】 ふくしま!浜・中・会津の困った市 「買って応援!食材ロスSOS」福岡のうまいもんをお取り寄せ 福岡の事業者のフードロス情報を掲載しているサイト。 明太子やあまおうを使った商品など、福岡らしい商品も多いので、ご当地の味を楽しみたいときにオススメ。 【データ】 買って応援!食材ロスSOS 「ロスゼロ」お土産品などの銘菓も充実 ロス予備軍の食品を食べ手に届けるプラットフォームの「ロスゼロ」にも、コロナの影響によって販売できなかった商品が多数集まっている。 扱っているのは菓子類を中心とした加工品で、中には老舗の菓子や有名なお土産も。 【データ】 ロスゼロ 「 Piary(ピアリー)」引き出物の在庫を格安価格で販売 結婚式の大量キャンセルで行き場をなくした、600万個もの引き出物を格安価格で提供しているサイト。 プチギフトの詰め合わせなど、いろんなお菓子を小分けで食べたい人にもぴったりのラインナップが揃っている。 また、菓子類以外にもお茶漬けやレトルト食品、乾物、調味料など、日々の生活に役立つアイテムも多い。 【データ】 Piary(ピアリー)「引き出物の大量食品ロス・フードロス格安通販」 「ふるさとチョイス」ふるさと納税の返礼品に支援品が登場 「ふるさとチョイス」では、給食事業者などの在庫を返礼品とするふるさと納税の特集が組まれている。 エリアごとにまとめられているので、寄付を希望する地域を簡単に見つけることが可能。 食品ロス、地域振興と2つの意味で貢献できるのも魅力といえる。 【データ】 コロナ支援・訳あり商品情報グループ 「Flower cycle marche(フラワーサイクルマルシェ)」ロスフラワーをお得に購入 食品以外に、需要が減ってしまった花のロスも生産者を悩ませている。 そこで、フラワーサイクリストの山田春佳さんが立ち上げたのがロスフラワーを特別価格で販売する通販サイト「Flower cycle marche(フラワーサイクルマルシェ)」。 生花のほかに山田さんお手製のドライフラワーも販売している。 【データ】 Flower cycle marche(フラワーサイクルマルシェ).

次の

フードロス対策で吉祥菓寮が「おうちでスイーツBOX」を販売 約半額だよ。 : 東京バーゲンマニア

フードロス こだま

フードロスの問題は色々と混同されていますが、よく議論されているのは倫理的、道徳的、心情的な問題です。 いわゆる「もったいない」という単純な心情です。 日本において問題になるとしたら、独特の道徳や文化によるところが大きいのではないでしょうか。 そのため倫理的な問題を除くと、フードロス自体には問題がありません。 強いて言うと経済の効率性と安定供給の間でどの程度の水準が望ましいのか、という問題があります。 効率性を上げるためにはフードロスは少ない方が良いが、天候不順等による生産量減少などのリスクヘッジのためには余剰供給力が必要であり、その余剰(フードロス)はどの程度が適正なのか、ということです。 ところが、今はそのような余剰供給力の適正水準についての議論は聞きません。 恐らくそれは現在の水準で概ね問題がないからでしょう。 すなわち、日本経済の競争力低下の大きな要因にもなっておらず、選択肢豊富な食生活を保証し、また余剰供給力も十分に安全安心な水準で、それが安定的に維持されている(食料調達先の分散、国際貿易関係の安定など)と考えられている、ということです。 廃棄費用についても、廃棄が最も効率的であり、有効? 活用(再利用や飢えに苦しむ人々への提供など)は仕分け、物流、保管のコスト、モラルハザードの恐れ、衛生面でのリスクなど、非効率的です。 フードロスを否定するということは、平時の日々のバラエティ豊かで安定的な食生活(ご飯かパンか、など)を否定し、非常時には食料不足に甘んじる事を意味します。 例えば、冷害で米が大凶作になったら、平時には余剰生産でフードロスとなっていたパンを食べるのです。 余剰供給力は平時から維持しなければならず、非常時だけ稼働させるわけにはいきません。 それでもフードロスを殊更に問題視して、倫理的な問題と食料安全保障の問題と経済的な問題を誤解し混同した議論があります。 残念な見方をすると、これは議論をあえて混同して問題が大きいようにみせかけて人々の不安を煽って、ビジネスを生み出したり、別の問題から目をそらそうとしているものと私は考えています。 貧しい人や国に食料をあげても、「貧しい」という問題は解決しません。 フードロスを減らしても生産量が減って平時の食の選択肢が減り、非常時の食料不足のリスクが増大するだけで、貧しい人や国に食料が行き渡るわけではありません。 ご質問のフードロスの最大の問題は、貧富格差や社会福祉、国際紛争などの問題から目をそむけてしまっている事です。 これをビジネスにしている人は絶対になくならない(なくしてはならない)フードロス(必要な余剰供給力)を問題にすることで、食いっぱぐれがなくなり、行政としてはこれらの問題がフードロスにすり替えられる事で、民間の問題にすることができて責任を逃れられ、さぞかし助かっていることでしょう。 私達は問題を混同することなく、食に感謝する暖かい心を持ちながら、本当の問題を直視する冷静な頭脳を持ちたいものです。 工業生産品にはロスはつきものです。 家電でいえば、量販店で多数売れのこり、それが新古品市場にながれ、わたしたちが価格コムでみるような小さな(あるいはあまり大きくない)販売店で、格安の価格で売られていき、最終的に在庫が減っていきます。 部品もそうです。 部品をつくるための素材は大量に準備され、それを加工して部品になります。 部品も在庫となったら安く裁かれていきます。 工業製品の場合、消費期限が事実上ありません。 家電やデジカメなどは3年型落ちでも売れます。 しかし食料品や農産物には消費期限がかならずあります。 腐ったりする前に処分されるのは仕方がないことです。 しかし新製品の売れのこりが出る比が、食料品や農産物で、工業製品の新製品より格段に多いとはわたしは聞いたことがありません。 工業製品も食料品も、産業品としては、新品段階での売れ残りは同じくらいだとした場合、日本においては、やはりもったいない精神があるからじゃないでしょうか。 資金も時間も人材も資材も多くが無駄になってるじゃん。 需要と供給が明らかに崩れてるんだから是正しないと。 フードロスの対策に国が着手すれば 飽和市場のコンビニや外食のコントロールにつながるし、 食品輸入の減少から貿易収支の改善を見込める。 そして余剰分を必要とされる業界や分野に注力する。 こういったことは国が規制しないとできない。 本来は自由競争であるべきなんだが、そんなに万能じゃない。 みんな好き勝手にやりすぎると経済が衰退し国が衰退する。 あと廃棄費用や論理概念を除外する理由がわからない。 経済は社会にとって非常に重要なことだし、 社会は人間が構成するものである以上、 感情論を除外するのは非常に不自然で無意味。 この二つを除くと机上の空論にすらならない。

次の