九星 気 学 男女 相性。 【九星気学早見表つき】九星気学からわかる!相性や吉方位

九星気学占いで性格・相性・運勢チェック!【早見表あり】

九星 気 学 男女 相性

私は、誰を信用したらいいのだろうか? 次の彼氏は、どの星がよいのだろうか? これらは、皆さんがあたる悩みです。 自分にとってどの星の人がプラスになって、どの星の人とは関わってはいけないか、予め分かっていれば悲惨な思いはしなくてすみます! そこで、この「本相性表」を作りました! 「本相性表セット 自分と相手から見たタイプ 」は、あなたを基準にした各星との本相性と、一白水星から九紫火星までのすべての星からみた、あなたとの本相性がわかります。 「本相性」は、ちょっとした友人関係にはあまり影響はありませんが、恋愛・結婚・ビジネスなどの深い関係になれば、絶対の信頼を置けます。 自分にとって、本相性の良い星、悪い星を理解して今後の恋愛、ビジネスの発展にお役立て下さい! なお、相性が合う合わないは、個人の人格には関係ありません。 そこだけは間違えないでくださいね! 【注】あなたの誕生日が月の変わり目にある場合 下の「きわどい誕生日」参照 、どちらの月の特性を持っているか個別鑑定が必要になります。 お問合せください。 上記表はから、下記のことが判別できます。 2 すべての九星から見た貴方との本相性表:サンプル 実際に皆様に送られるのは、これと同仕様のものです。 背景が赤の場合は攻撃型、黄色の場合は守備型です。 すると、背景が赤で1の表示になっていますので、この人は攻撃型の性格で、貴方に対しては良い相性1がでていることが解ります。 このような要領で、この表を使えばすべての星の人から貴方を見た本相性を判断することが出来ます。 深く付き合った場合、周りの人が貴方の存在によりどのような影響を受けるかが、全て判断可能です。 そして、 1 と 2 の表を持っておけば、全ての星の人と自分との相互本相性を確認することができる、ということです。 本相性って何? 一般的によくいう「相性」とちょっと違うんです。 相性には実は「基本相性」と「本相性」との2種あります。 基本相性とは? これは浅い友人としての相性です。 読んで字のごとく基本的な相性。 生まれ星同士の相性です。 出会ってから友達までの関係の時に作用する相性です。 一般の占いの本に載っているのは、殆どがこの相性です。 しかし、恋人やビジネスパ-トナ-等、お互いの信頼関係が深まってくると、これは 殆ど影響力が無くなります。 言うなれば、上辺だけの相性です。 竹下流ではこの基本相性を、殆ど気にしていません。 まあ、肝心なことを本に載せてしまえば占い師は食っていけなくなりますからねえ。 今回はあくまでも参考までに載せておきます。 ここからが本題です! 本相性は、人間関係がある程度できてからの相性です。 友達であれば、悩み事を本気でうち明けられられるようになってからの相性、恋人同士だたら、やっちゃった後かな? このように、通常 あくまで通常は。 例外有り 信頼関係が樹立した段階で浮上するのが「本相性」です。 本相性の種類 本相性では、自分にとって相手がどのような人なのか大きく分けて下記のように分類できます。 記号 記号の意味 どのような相性か 【1~5】 数字 良い相性 自分から見てこれがでている人とは、もの凄く考え方があったり、居心地が良かったり、総合的にメリットがあります。 結婚にも、ビジネスにも適しています。 説明が考えつかないほど良い相性です。 自分から見てこれが出ている相手は、自分にとって居心地の良い場所を作ってくれるとともに、物理的メリットももたらしてくれる場合が多く見られます。 又、この相性の強さは、1~5の5段階に分類され5が最強になります。 当然強くなれば強くなるほど、一緒にいてメリットは大きくなります。 1であっても非常に良い相性と言えます。 1であれば充分によい相性であり、5であれば死ぬ程良い相性であるといえます。 【B】 ビジネスパ-トナ-の相 これは仕事や友人関係の場合、一緒にいると利潤を生む場合が多い相です。 ただしこの相しか出ていない場合、感情的には伴わない場合が多く男女の場合は結果的に冷めて友達に戻ってしまう場合が多く見られます。 自分から見てビジネスパ-トナ-の相しか出ていない女性と結婚した場合、しばらくすると、相手を女性と見れなくなってきます。 でも、人間としては好きな場合が多いんです。 ただし結婚の場合でも、子連れの再婚など生活のみを重視したものには適しています。 お友達みたいな夫婦になれますよ。 この場合は、冷めると言うことはありません。 【愛】 愛情の相 これはビジネスパ-トナ-の相とは全く逆の相です。 これがでている場合、特に大きな物理的メリットはありませんが 多少はある とにかく、好きという感情が生まれやすいです。 自分から見てこれがでている人に対しては、理屈抜きで愛情が発生する場合が多く見られます。 ビジネスにも悪くはありませんが、若いうちは感情に走って公私混同になってしまうため、悪影響を及ぼす場合も多く見られます。 【縁】 腐れ縁の相 良くも悪くも無いんですが、この星の人とは妙に縁があります。 長い付き合いになる場合が多いです。 縁が切れていても、いつの間にか出会って縁ができてしまう場合が多いです。 【-】 どうでも良いで相 これは、本相性は何も出ていない場合です。 ですので、この場合は自分から見て良くも悪くもない場合が多いです。 【負】 負担の相 これは俗に言う決定打 努力では回避できない、絶対にうまく行かない相性 です。 自分から見て相手にこれがでている場合、相手は今後徐々に貴方の負担になっていきます。 何かと問題を起こしたり、相手があなたのことを思ってしてくれたことが結果的に貴方の負担になったり、悪い方に解釈してしまったりします。 結果的にストレスが溜まり、縁は切れてしまう場合がほとんどです。 なお、これはお互いの人格の問題ではなく、合う合わないの問題です。 【裏】 裏切りの相 これも決定打、しかも最強の決定打です。 内容的には負担の相と大差ないですが、とにかくこっちは強烈に来ます。 自分から見てこの相が出ている相手とは最初はラブラブで、貴方も相手を大好きになりますが、簡単に言うとある日突然相手の態度が豹変する結果になります。 そして最終的に相手の行動が貴方を深く傷つけ、地獄に落とすことになります。 場合によっては、貴方は全てを失う結果にもなるのです。 最初は良くて、後でひっくり返ってしまうのが特徴です。 しかも、相手があなたのことを思ってしてくれた行動が結果的にあなたを裏切ることになる場合もあります。 また、最終的には相手が完全にあなたを裏切ってしまう場合もあります。 これも人格の問題ではなく、合う合わないの相性に起因します。 相性がよくて結婚に向いている。 最初はうまくいくが、 最後には決定打が効く。 本相性は、自分から見た相手の相性と、相手から見た自分の相性は別物です。 両方から良ければ全く問題はないですが、例えば、自分から見て彼女は裏切りの相、彼女からみて自分はビジネスパ-トナ-の相だった場合、貴方は裏切られて、彼女は物理的なメリットがあります。 すなわち、貴方が貢いだあげく、捨てられると言うことが容易に予想可能です。 又、本相性は重なる場合があります。 例えば、ビジネスパートナーの相と、全体的に良い相性が重なった場合、ビジネスでも良いし、結婚にも適します。 これはよいのですが、厄介なのは、愛情の相と裏切りの相が重なっている場合。 まず、愛情の相なので貴方は感情的になります。 裏切りの相も最初は良いので、恋愛序盤は天国です。 でもある日突然地獄がやってきます。 この場合、感情が入りすぎているので、ダメ-ジはかなり大きいですね。 私にも経験があります。 つれーーーーーでっせ! 更に最悪なのは、裏切りの相と、負担の相が重なった場合です・・・・最低や-! これらにプラス「かみ合い」があります 本相性と並んで重要なのが「かみ合い」です。 人間の運勢には、大きく分けて ・人を引っ張っていく親分タイプ 攻撃型 ・ついていく女房タイプ 守備型 に分類されます。 恋人、夫婦、ビジネスパ-トナー、又は深い友人関係は、このかみ合いが重要になります。 例えば、攻撃型同士のカップルは、何かを決める際にも二人ともがイニシアチブを取ろうとします。 しょうがないので、結果的にどちらかが折れることが必要になります。 しかし、攻撃型が無理に折れると、ストレスになっていきます。 そしていつか切れます… 又、守備型同士でも同様。 動かないと何も決まらないので、どちらかが無理をして引っ張ることになります。 当然ストレスです。 夫婦で「旦那が守備型」「奥さんが攻撃型」のケースでは、旦那が「男だから」と無理にイニシアチブを取っていることが多いです。 奥さんも「女だから」と自分を殺してついていきます。 結果はおわかりですよね! 本相性、かみ合いが良くないことを体感する時期 相性を鑑定したところ、決定打が出ているのに現段階ではラブラブだったり、本相性が良いにも関わらず、仲が悪かったり・・・という例があります。 でもそれは一時的なこと。 普通は上記のように、信頼関係が樹立した段階で出てきますが、場合によっては、なかなかでない場合もあるのです。 特にビジネス。 仕事の時はみんな自分を作っていますからねえ。 なかなか本音も言いません。 精神的に追いつめられれば、本性が出てしまいます。 ケンカしたことが無かった夫婦が初めてケンカしたらそのまま別れてしまった…なんてことは良くあるんですよ。 また、運気が上がったとたんに、別れる場合もあります。 運気が低いときは基本的に弱気で、相手を見抜く力もありません。 ですので、本相性が悪くても何とかなるのですが、運気が上がれば、強気になり、相手を見抜く能力も上がります。 今まで耐えられたことが、我慢できなくなってしまうのです。 まあ、相性が悪い相手となので、それで良いんですが・・・・ 不倫も要注意。 不倫は結局は生活の部分がありません。 つらい面もありますが、逆に楽な面も多いのです。 ですので、例えば本相性が決定打でも、不倫なら続きます。 当然この場合、略奪し、結婚したら、本相性が作用しはじめ、遅かれ早かれ・・・・ 結婚に関しての本相性の目安 ということで、結婚を考える場合は最低でも下記の条件が必要になります。 1 先ずは決定打が出ていないこと。 決定打が出ている場合は努力では回避できません。 ですので、数年のうちにほぼ全てのカップルがつらい結婚生活になり、別れに向かっていきます。 この場合はお互いにお互いの運気を下げ合っているので、 うだつは上がらなくなりますが腐れ縁となり、なかなか別れられません。 2 ビジネスパ-トナ-の相が単独で出ていないこと。 良い相性、愛情の相と一緒に出ていれば大丈夫です。 3 どちらからでもいいので、良い相性が出ていること。 又はかみ合いが合っていること。 良い相性も出ておらず、かみ合いもあっていない場合は結構きついです。 うまい使い方 本相性表は、既存の人間関係のさらなる発展にも使えます。 相性が双方から最高の人はなかなかいません。 身の回りの殆どの人は、相性に何らかの問題があります。 相性表でそれを明確にして、うまく世渡りしてくださいね! 例えば・・・・・ ・彼氏も貴方も攻撃型だったら、あなたが引いてあげるとか ・本相性がよい人とは深く付き合ってみるとか ・逆に決定打がでている人には深入りしないとか 色々な使い道があります! 更に、新しい出会いの助けにもなります。 相性の良い年代の合コンには行くが、相性の悪い年代の合コンはパスするとか、相性の良い年代にねらいを定めて紹介してもらうとか、出会いが発展する確立も大幅に上がりますね! また職場で、誰と誰は合うが、誰と誰は合わない 等と人事の配置にも使えます。 まさに、貴方のアイデアで使い方は無限大! うまく生かして、貴方の人間関係を2倍に膨らませてくださいね!

次の

【強烈的中!!】九星気学の相性占いを表にしてまとめてみました♪

九星 気 学 男女 相性

生年月日に応じて、9種類の傾向が備わる。 ・・・これが、九星気学の根本にある考え方です。 その「9種類」というのが、一白水星〜九紫火星までの 9つの星(=性質)であるわけです。 このサイトでもご紹介している通り、 この9種類の星にはそれぞれ異なる特色があります。 性格、仕事の適性、恋愛における愛情表現の仕方、蓄財力・・・etc もちろん人には個性がありますから、 全てがその星の特徴に当てはまるわけではないでしょうが、 「あ〜、なんか思い当たるわ!」 と感じる部分はあるのではないでしょうか。 さらに、この9つの星は、大きく 「男星」と「女星」の2つに分類することができます。 男星 一白水星 三碧木星 五黄土星(男性) 六白金星 八白土星 女星 二黒土星 四緑木星 五黄土星(女性) 七赤金星 九紫火星 別にどちらが良いとか悪いといったことではなく、 「男(陽)」と「女(陰)」で一つのバランスを取る という考え方がベースにあります。 性別の男女でも、それぞれがお互いに足りないものを補い合うことで 穏やかな家庭生活や社会生活が成り立つわけですよね。 自分、家族、友達、同僚、上司・・・ 身の回りの方がどちらグループに属する星なのかが分かると、 人間関係をうまくやっていくためのヒントが得られるかもしれません。 男星の特徴 九星気学で「男星」に属する方々の特徴をまとめてみましょう。 一見、思い切りがよく豪快なように見えても、 実は非常に論理的に物事を捉えており、行動は計画的。 何も考えていないように見えて、実はかなり先の見通しも考えている。 ふざけているようでいて、実は絶対に揺らがない芯を持っている。 プライドが高い これ、性別の男性にも通ずるものがありますよね。 女性側からしてみれば「えっ、そんなところまで考えていたんだ!」 と驚かされることも多いものです。 言い換えれば、「察する力」が弱いんですよね。 たいていの夫婦喧嘩の原因はここに端を発しているような気がするのは 筆者だけでしょうか(笑)。 ちなみに、男星に属する女性は、 いい意味でさっぱりしていて気持ちが良いですね。 ただ、女性としての艶っぽさに欠けるところがあるので、 あまり男性にちやほやされるタイプではないかもしれません。 男星に属する男性は、筆者の実感では 「硬派」な人が多いですね。 ただ、強いように見えても意外と心の中では傷ついていて、 時には簡単に折れてしまうことも多いようです。 女星の特徴 九星気学で「女星」に属する方々の特徴をまとめてみましょう。 繊細で傷つきやすく見えて、実は行動は大胆だったりする。 思いがけない行動で周りの人を驚かせることもしばしば・・・。 感性が鋭く、敏感。 直感的で勘が鋭い 周りに気遣いをしているように見えて、実はだれよりも自分勝手(笑) 男星に比べて、 理論的に物事を考えるのが苦手な方が多いという印象です。 とりあえず直感で動いてみる!という大胆さは、ある意味では魅力的ですよね。 ただ、ハプニングが起こった場合は感情的になりやすいので、 ビジネスの面ではハラハラさせられることも多いかもしれません。 しかし、場の空気を察する能力や包容力は、男星には足りない部分。 どこかにやわらかい母性のようなものがあるので、 一緒にいると心がホッと安らぐんですよ。 外見に関わらず、内側からにじみ出る華やかさもあるので、 異性にもモテる方が多いという印象ですね。 男性でも女性でも、やはり包容力があってあか抜けた人は人気ですよね。 女星に属する女性は、やっぱり優しい人が多いですね。 おまけに、おしゃべりさんも多い(笑)! 人(や動物、植物)を育てる天性の才能があるので、 人の上に立つ仕事が向いていると思います。 女星に属する男性は、いわゆる「草食系」ですね。 繊細でロマンチスト。 女子会の中に一人混じっていても、違和感がありません。 「太陽と北風」のように、温かな愛情でゆっくりと・確実に 相手の心を開かせることができるタイプの男性が多いですよ。

次の

【九星気学*相性鑑定】相生・相剋「気が合う人」とは?

九星 気 学 男女 相性

もちろん今回の記事でも意味を解説させて頂くのですが、おすすめなのはプロの鑑定を受けてみる事。 やはり自分で意味を読み解くのとは全くクオリティが違うものです。 🔮MIROR🔮では、有名人も占うのプロの鑑定師があなたを徹底的に占います。 凛音先生は九星気学やタロットを主に用いて占う先生。 驚くほど当たることで評判で、感動して涙する方も非常に多いです。 また、評判の中には先生自身の包み込むような人柄そのものを評価している声も多く聞こえます。 人気の理由を分析していくと、物凄く当たると評判で圧倒的な顧客満足度を誇るにも関わらず、価格設定を釣り上げすぎないという姿勢が一番の理由かもしれません。 このランクで評判が良い占い師さんであればかなり単価が高くてもおかしくないはずですが、非常に良心的な価格設定になっていると思います。 リピーター人気のあまり、新規の受付を停止されている事も少なくありませんが、もし九星気学に興味がある方であれば一度鑑定を受けてみて必ず損をしない、と断言できる数少ない先生の一人です。 是非一度試してみてくださいね。 一白水星は九星気学において唯一の水の属性。 水の属性らしく基本的な性格は柔軟でどのような人や環境にも適応できます。 ただし、それは表面上だけで実際には自分なりのこだわりを持って生きている人が多いでしょう。 しっかりと自分の考えを持ちつつ、水のように柔軟に対処する性格です。 お金には不自由しない人が多く、貯金も得意です。 ただし、その一方でよくわからない使い方もするでしょう。 たとえば、お酒。 アルコールに依存しやすいので、健康面から見ても控えた方がよいでしょう。 恋愛はじわじわと相手を好きになるタイプ。 アプローチもゆっくりと時間をかけて好きな相手に近づいていく性格です。 結婚後は円満な家庭を築けるでしょう。 二黒土星と一白水星の二人が恋人になったときの相性は良いのでしょうか??悪いのでしょうか? まず、二黒土星の人は恋愛をする場合《自分の思いを伝えることはできませんが、付き合い始めると相手に尽くすタイプ》です。 一方一白水星は《ゆっくりと相手を好きになり、一途ですが独占欲がつよい性格》なので、お二人の恋愛は少し時間がかかりそうです。 好きになってから告白し、付き合うまでに時間がかかりますし、そこから互いのことを深く知ることにも少し時間がかかりそう! ですが、お二人の相性が良い!と言いきれる理由があります。 先ほどまでは一白水星の方と二黒土星の方が恋人になったときの相性を紹介しました。 ですが、お二人とも少し引っ込み思案なところがありますので、結婚をするまでに時間がかかりそう。 なので、結婚をすることがナイーブにならないように、腹を決めた時はしっかり大切な思いを伝えてあげないといけませんよ! では次は家族としての相性をみていきましょう! 二黒土星の親と一白水星の子供の場合、二黒土星の親は一白水星の気持ちをよく考えることができます。 あまり話すタイプではない子供ですが、その気持ちをしっかり理解できる親としては素晴らしい親になります。 そんな親を一白水星の子供はとても信頼していますし、愛情を受けている、と感じることができます。 逆の場合は親があまりモノを言わないので子供は心配になってしまいますが、あまりモノを言わなくても誠実に子供のことを大切に想っている姿は子供にはしっかりわかる日がくるはず。

次の