尻の穴 痒い。 【体験談】お尻の穴(肛門)が痛い原因と対処方法を紹介!

【医師監修】お尻の穴がかゆい人。肛門掻痒症の疑いあり!

尻の穴 痒い

そんな時には慣れたもので保湿クリームやワセリンを塗ってあげたり、いつも通り対処してあげてらっしゃると思います。 しかしある日突然子どもが自分のお尻を触り、モジモジし出したら・・・。 まさかギョウ虫!? と不安になってしまうものです。 もちろん、子どもがお尻を痒がったり痛がったりする原因はギョウ虫だけという訳ではありません。 かと言ってお尻を痒がるなんて、更には肛門付近を気にしていると尚更不安になるのが親の心境ですよね。 ここでは、そんな子どものデリケートなお尻の痒みや痛みについて考えられる原因と、気になるギョウ虫 ギョウ虫症 についてご紹介しています。 なお、蕁麻疹の症状が見られる場合の対処法はこちらでご紹介しています。 お尻の痒みで考えられる原因は? 拭き残しやオムツ内の便 肛門付近に残った便によって皮膚が刺激され、痒みの原因となります。 もちろんオムツを変替える頻度が少ないと直接原因となってしまうのですが、オムツをこまめに替えている場合でもしっかり拭き取ってあげることが重要です。 お尻になるべく便が残らないように、きれいに拭きとってあげ清潔にする必要があります。 しかし意識しすぎは逆効果にもなり得ます。 何回も強めに拭いたり、強いシャワーで流したりしてしまうと皮膚を傷つけてしまう恐れもあるので注意が必要です。 便秘 子どもが小さなうちは、何日も便が出なくて便秘になってしまう事がよくあります。 便秘が続き便が固い状態が続くと肛門を傷つけてしまう事があります。 これがいわゆる切れ痔と呼ばれるもので、子どもでも切れ痔になる事があります。 痔になるのは大人になってからというイメージの方も多いと思いますが、実は意外と子どもでも痔になってしまう事が多いのです。 傷が小さなうちは気になったり痒みが起きたりという程度ですが、酷くなると便が出るたびに痛がるようになります。 この場合は、軟膏を塗ったり下剤で柔らかくした便を出すようにしたりと、診療の上ちゃんとした治療が必要となります。 かぶれ 子どもの肌は大人に比べてはるかにデリケートなものです。 オムツの中のうんちやおしっこが原因でムレてしまうと、肌がふやけた状態になりちょっとした刺激でも傷ついてしまいます。 子どものお尻を見てみて、肛門周辺が赤くただれている場合は、かぶれが原因の可能性が高いでしょう。 オムツを替える回数を増やしたり、オムツを履かせる前にしっかりと乾かしてあげることが重要です。 オムツやパンツの種類も、子どもに合うもの合わないものがあるので種類や素材を変えてみるのも一つの手段です。 ギョウ虫 ギョウ虫症) ギョウ虫の卵が口から体内に入ると、腸の中でふえて、肛門付近に産卵をします。 特に夜産卵をするのですが、この産卵の際にお尻に痒みが起きます。 感染源はギョウ虫の卵に触れた手や爪などから、他人の手に感染し口元まで辿り着くと言った流れ。 したがって食事の前の手洗いや消毒で感染の予防に繋がります。 子どもにギョウ虫の疑いがあるのであれば、少し抵抗があるかもしれませんが確認する方法もあります。 子どもが寝てしまった後、しばらく肛門付近をながめるのです。 白く長細いものが動いている場合、ほぼ間違いないでしょう。 この場合、病院に行き薬で治療するのですが、高確率で家族の感染も考えられるので全員の治療が最善でしょう。 お尻の痒みや痛みの予防とケア オムツ替えの回数はこまめに まず第一にオムツは思ってる以上にこまめに替えてあげましょう。 おしっこサインの色が変わっていたらその都度替えてあげ、色が変わっていない場合でも2〜3時間おきに替えてるのがベスト。 子どもは汗をかきやすいので、時間が経つとおしっこが出ていなくてもオムツの中はムレてしまいます。 また、風邪をひいていたり、体調が悪い、下痢を起こしているといった場合は普段よりかぶれやすい状態なので、オムツ替えの回数を増やすと良いでしょう。 便が出た後のスキンケア 便がついたお尻を拭いてあげる際は、きれいに便が残らないように注意しましょう。 ペットボトルに小さな穴をいくつかあけて、その中にお湯を入れた簡易的なシャワーで洗い流してあげる方法もあります。 きれいになったお尻にワセリンや、ベビーオイルを薄く塗ってあげておくと、皮膚に便が付着するのを防いでくれます。 お風呂でしっかりきれいに お風呂できちんと清潔にしてあげないと汚れが残って肌荒れの原因に繋がります。 お風呂で子どものお尻まわりを洗う時、どのように洗っていますか? お尻の周りは石鹸やボディソープを良く泡立てて、ガーゼよりは素手や指先洗ってあげると刺激を抑えられます。 肛門に近辺まで石鹸やボディソープを着けてゴシゴシ洗ってしまうと、傷つけてしまう可能性があるので、シャワーやお湯で流して汚れを落としてあげましょう。 肌が荒れている時は環境を変えてみる 子どものお尻が赤くなっていたり、ただれがなかなか治らない場合は、おしりふきやボディソープが子どもの肌に合っていない可能性も考えられます。 手間はかかりますが、市販のお尻ふきではなく、きめの細かいティッシュやコットンなどを湿らせてお尻を拭くようし、外出先だけ市販のお尻ふきにしてみるのも良いでしょう。 また、子どもは成長によって肌の質も変わってきます。 たまにボディソープをいくつか試して、子どもにあった物を選び直してみるのも良いでしょう。 どこで受診する? 子どもがお尻周辺を痒がったり、痛みを訴えた場合、どこで受診したらいいのか迷ってしまいますよね。 お尻だけでなく、子どもの病気でどこに受診すべきか迷った時は、かかりつけの小児科があればまずそこへ相談しましょう。 小児科で受診できない場合、病状応じた適切な病院を指示してもらえます。 または小児科のある総合病院であれば、移動する事なく受診できます。 深夜や土日・祝日に症状が出て、どうしたらいいか判断がつかない場合は、電話相談は 8000へ連絡するのもよいでしょう。 そして子どもが小さなうちは、痛いのか痒いのか症状を伝える事もできません。 お尻の病気は排便の繰り返しによって、症状が治るのも遅くなってしまいます。 普段からのケアをかかさずに、清潔に保つことが重要です。 あともう一つ、子どもだって大人と同じく成長につれて羞恥心が芽生えます。 やっぱり病院で先生や看護師さんにお尻を見せるのは恥ずかしいと思うのです。 受診する時は、少しだけそういった面も気にしてあげてくださいね。

次の

お尻の穴がとても痒いです!

尻の穴 痒い

ぎょえぇえぇぇえ~!!。 か・・・痒い・・・。 かなりヤバイ痒さ。 かゆくてかゆくて転げまわってたわけです。 仕事中とかも痒くて。 でも仕事中に掻くわけにはいかないですし、しかたなく、頻繁にトイレ休憩にいったりするわけです。 あと、寝てるときに痒くなったりすることもあって、そうなると痒みが気になってなかなか寝付けなかったり。 結構、こういう経験がある人もいるんじゃないかと。 原因に全く心当たりはなく、かなり焦ったわけです。 もちろん、おトイレのときはちゃんと拭いてますし、 当然、何かを入れたりするような趣味はありませんw。 原因は何かと思って、ググってみたりするんですけど、色々、検索結果のサイトとか巡回していると、 「痔」「ギョウ虫」みたいなワードが出てくるわけです。 汗や便などの汚れが残っている。 拭き残しがある。 掻きすぎ・乾燥などにより、肛門の粘膜が荒れている・炎症を起こしている。 刺激物やアルコールにより、腸が炎症を起こしている。 切れ痔、イボ痔などの痔の症状。 ギョウ虫などの寄生虫が体内に住み着いている。 カビ、カンジタ、真菌などの菌などが繁殖している。 生活習慣の問題や、血行不良。 その他、ガンなどの重大な病気。 まあ、色々な原因があって、素人だと判別できないことも多く、基本的には、しっかりと肛門科などのお医者さんに診てもらわないと、正確な原因はわからなかったりするわけです。 世の中では「セルフメディケーション」とかよく言われてますけど、実際は難しいですよね。 病院(肛門科)行くの恥ずかしい。 まずは市販薬。 手元にあったオロナインやマキロンを付けてみましたけど、効果はあまり感じられず。 「 とりあえずオロナイン!」って塗ること多いけど・・・。 よくよく適用を見ると「にきび 吹出物 はたけ やけど かるいもの ひび しもやけ あかぎれ きず 水虫 じゅくじゅくしていないもの たむし いんきん しらくも」ってなってて、 「かゆみ」は入ってないんだよね。 そりゃ効かないわな・・・。 しかし、肛門科に通院するのも面倒ですし、恥ずかしかったりするわけですw。 「きれ痔などによるかゆみ・はれ・痛みのための軟膏です」 と書いてありますが、別に痔でなくても、痒みにはオールマイティーに効くみたいですね。 さっそく、塗ってみることに・・・・ すると、結構、即効性もあり効いてきました! 「おお!かゆみ治まった。 めっちゃ効くじゃん!」 「これで万事解決!」と思うでしょ? しかし、実は、そんな簡単に解決しなかったわけです。 この話には続きがあるんですよ・・・ 痒みの本当の原因が判明!市販薬は痒みの対処療法に過ぎないので、根本原因を解決しないとぶり返す。 「オシリア」は確かに効きました。 でも、こういう薬って、痒みに対する対処療法に過ぎないわけです。 薬を塗って、快適に過ごしたり、ぐっすり眠れるようになりました。 でも、翌朝になると、また痒くなってるわけです。 まあ、痒みを薬で抑えてるだけですからね・・・。 また、塗り薬も常用すると効かなくなってきたりします。 (特にステロイド剤など) こういう薬の使い方として、常用するのではなく、どうしても痒いときにスポットで使うのが基本です。 なので、 やはり根本解決をしないと、痒いままなわけですね。 で、以前に何かのコラムで見た内容を、ふと思い出したんです。 どこかの医師が、 「最近の現代人はお尻をキレイに拭きすぎて、荒れたり乾燥したりが多い。 」 「お尻はデリケートな粘膜なんで、こすって傷つけちゃだめです。 」 「肛門は粘膜で常在菌もいるんで、キレイにしすぎちゃだめなんです。 」 みたいなことを言っていたわけです。 で、身に覚えがあるんですよ。 「サニーナ」です。 これって何かと言いますと、トイレの後、お尻を拭くときに、かぶれたりして痛くならないようにする液体です。 トイレットペーパーにシュッと吹き付けて使う感じになります。 これは口コミもすごく良くて、売れてる商品なんです。 私もめっちゃお気に入りで、お気に入りすぎる余り、毎日のおトイレのたびに、シュッシュ付けまくって、ゴシゴシとお尻を拭きまくってたわけですw。 そうです。 キレイにしすぎたんですよ! 以上を踏まえて、痒みの原因の仮説を立てました。 冬場なので乾燥してきている? 乾燥してるところをゴシゴシ拭きまくって、粘膜が荒れた? 粘膜が荒れて痒いので、洗いまくったり掻きまくってさらに荒れた? 結論としてはこれで解決。 「乾燥して荒れたお肌」ってことは、「肛門」に化粧水付けて美容クリームを塗ればいいんじゃね?w。 ここまできて、「乾燥して荒れた」ってなんか、どこかで聞いたフレーズだなと思ったわけです。 あれだ!化粧品や美容液のCMや売り文句。 ということは、 「肛門に化粧水付けて美容クリームを塗ればいいんじゃね?」 試してみましたw。 使ったのはライスフォース(余って使ってなかったので)。 「そんな高い化粧品を尻に塗るのかよ!?」 とか言わないでねw。 よくあるメンズ化粧品みたいな、スースーするような刺激物が入っているようなのは、逆効果だと思いますし。 3倍の保湿力があるという プロテオグリカン化粧水に替えました。 もう100mlちょっとで何千円もする有名ブランドの高級化粧水とか要らない気がします。 これ1本だけで顔にも首にも手にもお尻にもバシャバシャ付けてますが、クリーム塗らなくても、しっとりプルプルになります。 肌トラブルや大人ニキビもなくなりましたし、尻穴も快適!w(この化粧水は稀に肌の相性が良くない人もいるみたいなので注意は必要ですが)。 レビューは楽天市場を見れば良いのがわかると思います。 お値段はAmazonで買った方がお得ですよ。 また、お安く済ませるなら「保湿クリーム ベビーワセリン」も良いです。 使用感だと化粧水のが良かったんですけど、クリームの方が塗りやすいというのはあります。 また、ベビーワセリンはパラベンフリーで赤ちゃん用の低刺激なので、ケツの穴に塗るのにも向いてる。 もっと激安で済ませたいなら「白色ワセリン」500gだけど、さすがにこんなにいらないし固くて使いにくいからね~。 実際にやったことは以下です。 キレイにしすぎない。 「サニーナ」は一旦、封印。 お風呂で尻を洗うときは石鹸を付けず水のみで洗う。 トイレの後は拭きすぎないようにする(ウォシュレット使わない)。 保湿・保護する。 まずは風呂上がりに化粧水(刺激の少ないやつで)。 そのあとに美容クリーム or ワセリン(刺激の少ないやつで)。 どうしても痒いときだけ「オシリア」をさらにその上から塗る。 これで3日経過で劇的に良くなりました。 その後2週間以上経過しましたが、もう「オシリア」を塗る必要はなくなりましたね。 まだ乾燥する季節なので、化粧水だけはしばらく続けます。 なんだか、肛門がスベスベになった感じですねw。 まさかこんなことをしてるのは私くらいかもしれませんが・・・。 なお、何度もいいますが、賢明な人はこんなことを真似せず、ちゃんと病院に行ってくださいねw どうしても我慢できないお尻の痒みを一時的に抑えるのに、オシリアはとても良いと思います。。 なお、類似製品としてリシーナというのも流行ってきているようです。 ちょっと高いみたいですけど、こっちもちょっと試してみたいかも。 でも、やっぱりいくらお薬が良くても、 根本的に『お尻の健康状態』を良くしていかないと、痒みは収まらないのでしょうね。

次の

お尻の穴が痒い!我慢出来ないムズムズの原因と対処法3つ

尻の穴 痒い

そんな時には慣れたもので保湿クリームやワセリンを塗ってあげたり、いつも通り対処してあげてらっしゃると思います。 しかしある日突然子どもが自分のお尻を触り、モジモジし出したら・・・。 まさかギョウ虫!? と不安になってしまうものです。 もちろん、子どもがお尻を痒がったり痛がったりする原因はギョウ虫だけという訳ではありません。 かと言ってお尻を痒がるなんて、更には肛門付近を気にしていると尚更不安になるのが親の心境ですよね。 ここでは、そんな子どものデリケートなお尻の痒みや痛みについて考えられる原因と、気になるギョウ虫 ギョウ虫症 についてご紹介しています。 なお、蕁麻疹の症状が見られる場合の対処法はこちらでご紹介しています。 お尻の痒みで考えられる原因は? 拭き残しやオムツ内の便 肛門付近に残った便によって皮膚が刺激され、痒みの原因となります。 もちろんオムツを変替える頻度が少ないと直接原因となってしまうのですが、オムツをこまめに替えている場合でもしっかり拭き取ってあげることが重要です。 お尻になるべく便が残らないように、きれいに拭きとってあげ清潔にする必要があります。 しかし意識しすぎは逆効果にもなり得ます。 何回も強めに拭いたり、強いシャワーで流したりしてしまうと皮膚を傷つけてしまう恐れもあるので注意が必要です。 便秘 子どもが小さなうちは、何日も便が出なくて便秘になってしまう事がよくあります。 便秘が続き便が固い状態が続くと肛門を傷つけてしまう事があります。 これがいわゆる切れ痔と呼ばれるもので、子どもでも切れ痔になる事があります。 痔になるのは大人になってからというイメージの方も多いと思いますが、実は意外と子どもでも痔になってしまう事が多いのです。 傷が小さなうちは気になったり痒みが起きたりという程度ですが、酷くなると便が出るたびに痛がるようになります。 この場合は、軟膏を塗ったり下剤で柔らかくした便を出すようにしたりと、診療の上ちゃんとした治療が必要となります。 かぶれ 子どもの肌は大人に比べてはるかにデリケートなものです。 オムツの中のうんちやおしっこが原因でムレてしまうと、肌がふやけた状態になりちょっとした刺激でも傷ついてしまいます。 子どものお尻を見てみて、肛門周辺が赤くただれている場合は、かぶれが原因の可能性が高いでしょう。 オムツを替える回数を増やしたり、オムツを履かせる前にしっかりと乾かしてあげることが重要です。 オムツやパンツの種類も、子どもに合うもの合わないものがあるので種類や素材を変えてみるのも一つの手段です。 ギョウ虫 ギョウ虫症) ギョウ虫の卵が口から体内に入ると、腸の中でふえて、肛門付近に産卵をします。 特に夜産卵をするのですが、この産卵の際にお尻に痒みが起きます。 感染源はギョウ虫の卵に触れた手や爪などから、他人の手に感染し口元まで辿り着くと言った流れ。 したがって食事の前の手洗いや消毒で感染の予防に繋がります。 子どもにギョウ虫の疑いがあるのであれば、少し抵抗があるかもしれませんが確認する方法もあります。 子どもが寝てしまった後、しばらく肛門付近をながめるのです。 白く長細いものが動いている場合、ほぼ間違いないでしょう。 この場合、病院に行き薬で治療するのですが、高確率で家族の感染も考えられるので全員の治療が最善でしょう。 お尻の痒みや痛みの予防とケア オムツ替えの回数はこまめに まず第一にオムツは思ってる以上にこまめに替えてあげましょう。 おしっこサインの色が変わっていたらその都度替えてあげ、色が変わっていない場合でも2〜3時間おきに替えてるのがベスト。 子どもは汗をかきやすいので、時間が経つとおしっこが出ていなくてもオムツの中はムレてしまいます。 また、風邪をひいていたり、体調が悪い、下痢を起こしているといった場合は普段よりかぶれやすい状態なので、オムツ替えの回数を増やすと良いでしょう。 便が出た後のスキンケア 便がついたお尻を拭いてあげる際は、きれいに便が残らないように注意しましょう。 ペットボトルに小さな穴をいくつかあけて、その中にお湯を入れた簡易的なシャワーで洗い流してあげる方法もあります。 きれいになったお尻にワセリンや、ベビーオイルを薄く塗ってあげておくと、皮膚に便が付着するのを防いでくれます。 お風呂でしっかりきれいに お風呂できちんと清潔にしてあげないと汚れが残って肌荒れの原因に繋がります。 お風呂で子どものお尻まわりを洗う時、どのように洗っていますか? お尻の周りは石鹸やボディソープを良く泡立てて、ガーゼよりは素手や指先洗ってあげると刺激を抑えられます。 肛門に近辺まで石鹸やボディソープを着けてゴシゴシ洗ってしまうと、傷つけてしまう可能性があるので、シャワーやお湯で流して汚れを落としてあげましょう。 肌が荒れている時は環境を変えてみる 子どものお尻が赤くなっていたり、ただれがなかなか治らない場合は、おしりふきやボディソープが子どもの肌に合っていない可能性も考えられます。 手間はかかりますが、市販のお尻ふきではなく、きめの細かいティッシュやコットンなどを湿らせてお尻を拭くようし、外出先だけ市販のお尻ふきにしてみるのも良いでしょう。 また、子どもは成長によって肌の質も変わってきます。 たまにボディソープをいくつか試して、子どもにあった物を選び直してみるのも良いでしょう。 どこで受診する? 子どもがお尻周辺を痒がったり、痛みを訴えた場合、どこで受診したらいいのか迷ってしまいますよね。 お尻だけでなく、子どもの病気でどこに受診すべきか迷った時は、かかりつけの小児科があればまずそこへ相談しましょう。 小児科で受診できない場合、病状応じた適切な病院を指示してもらえます。 または小児科のある総合病院であれば、移動する事なく受診できます。 深夜や土日・祝日に症状が出て、どうしたらいいか判断がつかない場合は、電話相談は 8000へ連絡するのもよいでしょう。 そして子どもが小さなうちは、痛いのか痒いのか症状を伝える事もできません。 お尻の病気は排便の繰り返しによって、症状が治るのも遅くなってしまいます。 普段からのケアをかかさずに、清潔に保つことが重要です。 あともう一つ、子どもだって大人と同じく成長につれて羞恥心が芽生えます。 やっぱり病院で先生や看護師さんにお尻を見せるのは恥ずかしいと思うのです。 受診する時は、少しだけそういった面も気にしてあげてくださいね。

次の