アール シフト ログイン。 店舗シフト管理システムの決定版!

apr(エー・ピー・アール)|50系|プリウス【シフトスイッチ】|PRIUS通販サイトauto

アール シフト ログイン

小売業、サービス業における生産性の向上には、最善の シフト作成と最善の ワークスケジューリングが必要不可欠だと私たちは考えます。 最善のシフト作成が作り出す シフト表は、月間を通してムリ・ムラ・ムダのないシフト計画を実現してくれます。 また、最善のワークスケジューリングが作り出す ワークスケジュール表(作業割当表)は、1日を通してムリ・ムラ・ムダのない作業計画を実現してくれます。 次世代の店舗シフト管理システム 「アールシフト」は、生産性向上に日々取り組んでいる皆様方に必ずや役立つものと確信しています。 まずは、 トライアルでアールシフトの有効性をお試しください! アールシフトをよりご理解いただくために!高機能だけれど使いやすい! 「アールシフトは他のシフト管理システムと比較してどこが違うの?」という質問をよく頂戴します。 他のシフト管理システムとの比較においては、いろいろな切り口があると思いますが、弊社アールシフトの最大の特徴は「 高機能だけれど使い易い!」という点にあります。 まず、 高機能という点では以下のような特徴が挙げられます。 日々の売上予算や人件費予算に合った最適なシフト表を作ることができる• 日々の作業が適切な人に割り当たるシフト表を作ることができる• 従業員の能力に応じたワークスケジュール表を作ることができる また、 使い易いという点では以下のような特徴が挙げられます。 今まで作成していたシフト表に近いイメージのシフト表を作ることができる• コンピュータに不慣れな人でも直感的に操作することができる• 自社の運用やルールに合わせた仕組みにカスタマイズすることができる。 その他、現在お使いの 勤怠管理システムや人事管理システムとのデータ連携もメーカーを問わず可能となっていますので、• 勤怠管理システム側でシフト予定を入力する必要がない• シフト予定と勤怠実績との比較により予実管理が可能となる• 従業員の採用、異動、退職データを双方で入力する必要がない また、 POSシステムとのデータの連携により、• 精度の高い売上予測や客数予測が素早くできる• 予測した客数に応じて必要なレジ台数を算出できる などが挙げられます。 以上が弊社アールシフトの主な特徴になりますが、お陰様で小売業、サービス業での 導入実績が全国ナンバーワンになることができました(東京商工リサーチ調べ 従業員数1,000名以上の小売業、サービス業が対象 2020年4月)。 スーパーマーケット、ディスカウントストア、専門店チェーン、フードチェーン、ドラッグストア、レストラン、スポーツクラブ、映画館、アミューズメント、コールセンターなど、多くの小売業、サービス業のお客様からアールシフトをご採用頂いています。 そして、ご採用頂いたお客様からの貴重なご意見を参考に、弊社アールシフトは日々進化を続けています。 企業におけるシフト管理、勤怠管理、労務管理、人事管理、給与管理などの効率化に貢献したいという思いが弊社の原動力です。 これからも 「高機能だけど使い易い!」をモットーに、より良いシフト管理システムの提供に努めて参りますので、是非アールシフトにご期待ください。 R-Kintai勤怠管理システム「アール勤怠」 本年 2020年 秋に、店舗向けシフト管理システム「アールシフト R-Shift 」の姉妹システムとして、新しく勤怠管理システム「 アール勤怠 R-Kintai 」を正式にリリースすることとなりました。 2016年に店舗シフト管理システム「 アールシフト(R-Shift)」をリリース以来、数多くの小売業、サービス業のお客様にアールシフトをご採用いただきました。 その中で、多くのお客様が自社でお持ちの勤怠管理システムとアールシフトとの間でデータ連携を行い、業務の効率化を図っていますが、どうしてもデータ連携が夜間等のバッチ処理で行わざるを得ず、必ずしも効率的かつ効果的な仕組みにはなっていない現状がありました。 そこで、多くのお客様のご要望に応える形で、アールシフトとリアルタイムなデータ連携が可能な新しいコンセプトの勤怠管理システムを開発する運びとなりました。 この新しい勤怠管理システム「アール勤怠 R-Kintai 」の コンセプトは、以下のとおりです。 これにより、• 打刻エラーの修正は各従業員のスマホなどから容易に修正可能となります。 店舗管理者や本社管理部門の確認作業や訂正作業が大幅に削減されます。 シフト予定と勤務実績の差異がリアルタイムに確認できます。 月間労働時間や残業時間などの超過を前もって把握することができます。 これにより、• アールシフト導入済みのお客様ではアール勤怠の導入がよりスムーズになります。 同じようなマスターを双方で持つ必要がなくなります。 両システム間のデータ連携の仕組みを新たに構築する必要がありません。 導入コストや導入期間の低減を図ることができます。 これにより、• 人件費予算にマッチしたシフト作成と勤怠管理が可能となります。 結果の集計としての勤怠管理ではなく、予算達成の為の勤怠管理が可能となります。 各部門で統一された管理指標を共有することが可能となります。 総務人事部門、店舗運営部門、各店舗で共通指標を共有できます。 アール勤怠 R-Kintai は、単なる勤怠データ集計用のシステムではありません。 また、給与システムへデータを渡すことを主目的としたシステムでもありません。 アール勤怠 R-Kintai は、あくまでも人件費や人時売上高などの管理目標を達成するための能動的なシステムであると位置付けています。 アール勤怠 R-Kintai は、「 リアルタイム性」、「 データ精度」、「 予実対比」、「 事前予測」をキーワードに各種機能をご提供して参ります。 今秋リリースされるアール勤怠 R-Kintai に是非ご期待ください。

次の

完全永久無料クラウド型グループウェア

アール シフト ログイン

QRコードの読み取りでエラーが起きる場合も同様だと思います。 私は飲食店のアルバイトをしています。 シフオプの導入で紙ベースでのシフト管理をしていた頃よりも圧倒的に利便性は向上しました。 「シフトボードとの連携ができたら嬉しいな」とか「もう少し読み込みが早ければいいな」とは思っても文句は特になかったです。 が 機種変更後にログインできないバグでシフトの確認ができず、アプリのレビューを見たところ同様の症状の方が多数。 幸いレビュワーの中に解決策を書いてくださっている方がいたのでログインはできましたが...。 これだけ同じバグが出ているのに報告レビューに返信は無し。 アプリの最終アップデートも4ヶ月前。 どうせこのレビューも見ないんでしょうね。 もし見た上でこれを放置しているなら余計にありえないです。 確かに利用規約第29条3項に書いてありますもんね。 バグがあっても修正の義務はありませんよって。 ふざけてるんですかね。 義務がないから改善もしませんっていうことですか。 これをサービスと呼称すること自体がまず許せません。 公式サイトを見てもコラム?イベント?集客する前にせめてバグの確認・報告をしてください。 サービスと呼ぶならもう少しまともに運営してください。 バグがあるのは仕方ないと思いますが企業としての姿勢を疑います。

次の

導入実績

アール シフト ログイン

・希望休、有休、特別休などの申請と受付 ・希望勤務日、希望シフト、勤務希望時間などの申請と受付 スマートフォン連携システム 勤怠データ連携システム(オプション) 原則、メーカーを問わず勤怠システムとのデータ連携が可能です。 POSデータ連携システム(オプション)• POS実績データを取り込むことで、日別・時間帯別の来店客数を予測します。 更に、気象データと連携することで、直近の来店客数の予測精度をアップさせます。 客数予測データを利用して、レジ開設台数の自動算出も可能となります。 <来店客数予測には、以下の2通りの方式があります> 方式1:前年同月の実績または直近の実績と伸び率を加味して予測する方式 ・前年実績がある店舗、前年実績が無い店舗、それぞれにあった予測が可能 ・新店や改装店では、同規模・同条件の他店舗の実績を利用することも可能 方式2:直近のデータを利用して、統計分析手法の1つである「重回帰分析」で予測する方式 ・重回帰分析する際は、「曜日」「イベント」「天候」の3つの説明変数を使用。 気象データ連携システム(オプション) 気象予測データの取り扱い 気象予測データは、気象予測会社から1時間ごとに最新のデータをリアルタイムで取り込んでいます。 (1)7日先までの日別予測データ (2)72時間先までの時間帯別予測データ (3)天気、気温、湿度、降水量 このデータを重回帰分析に渡すことで、より精度の高い予測が可能となります。 気象データ連携システム(オプション) 欠員募集システム(オプション) 従業員に欠員が生じた場合、欠員募集と応募受付を行うことができます。 欠員募集システム(オプション) マンアワー管理システム(オプション)• 本社から全店舗のマンアワーをヨコ串で把握することができるシステムです。 店舗別または部門別のマンアワー(必要MH、投入MH、過不足MH)を把握することができます。 月別または日別マンアワーの推移を把握することができます。 マンアワー管理システム(オプション)•

次の