神奈川 県 川崎 市 中原 区 宮内。 【ホームズ】フレア等々力の建物情報|神奈川県川崎市中原区宮内3丁目2

【ホームズ】宮内ハイツの建物情報|神奈川県川崎市中原区宮内2丁目23

神奈川 県 川崎 市 中原 区 宮内

参考賃料 11. 4万円 ~ 12. 6万円 65. 参考賃料 11. 4万円 ~ 12. 6万円 65. 参考賃料 11. 4万円 ~ 12. 6万円 65. 参考賃料 11. 5万円 ~ 12. 7万円 65. 参考賃料 11. 5万円 ~ 12. 7万円 65. 参考賃料 11. 6万円 ~ 12. 8万円 65.

次の

川崎市:洪水ハザードマップ

神奈川 県 川崎 市 中原 区 宮内

地理 [ ] 宮内は北部の、の中央部に位置する。 一部多摩川のにも領域が及ぶ。 北部で、多摩川越しの北東部に・、東部で、南東部で、南部及び西部で、北西部でに接する。 多摩川とに挟まれたにあたり、土地は肥沃である。 東西に及びが貫いている。 近年再開発が著しい近辺地域の一角であるが占めるが、側及び高津区との区境付近には機械・電機・食品・金属などの中小工場群がみられ、(3年)の時点では中原区内で工場数の最も多い町である。 河川 [ ]• 歴史 [ ] 近世以前 [ ] 地内の春日社・常楽寺一帯はであると言われている。 にはに属し、『』にはの所領として「二十貫 同 宮内之郷之内」と記述されている。 には武蔵国橘樹郡のとなり、となった。 村高は『』では443余・『元禄郷帳』では408石・『天保郷帳』では568石余・『』では570石余となっている。 名主は石井家のであり、家の軒数は取り決めで36戸と定められていたが、年間よりその定めが破られたとされ、7年()には62軒であったと『』に残されている。 江戸時代の主な産品はと呼ばれるにも使われた良質なとが挙げられるが、明和3年()にの申し出によりによっての苗が配布された。 多摩川の河岸に位置するため水害に見舞われることも多かった。 明治以後 [ ] 元年()にはを経ての所属となり、(明治22年)、施行により橘樹郡の大字となった。 この時期は・・や・等のがとして栽培されていた。 この産品はこの時期当地に設置されていたで運ばれた。 宮内の渡しは当地のほか大谷戸(現・)から方面への交通路として利用され、が(昭和10年)に建設されるまで利用された。 (14年)には橘樹郡の大字、(昭和8年)には川崎市、(昭和47年)には川崎市中原区の大字となっている。 からにかけて急激に宅地化が進み、(昭和35年)には597人だった人口が(昭和45年)には2,504人、(3年)には9,611人、(平成20年)には11,995人と増加している。 (平成5年)2月22日に宮内全域にが実施され、現在の宮内一丁目-四丁目が成立した。 地名の由来 [ ] やに囲まれた土地を指す説の外、の時代にのため藤原朝臣某をとしてこの地のに遣わしたところ、が止んだためその官職名に由来するとする伝承が『』に記されている。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 宮内一丁目 1,089世帯 2,474人 宮内二丁目 1,269世帯 2,668人 宮内三丁目 1,859世帯 4,236人 宮内四丁目 1,683世帯 3,366人 計 5,900世帯 12,744人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 宮内一丁目 全域 宮内二丁目 全域 宮内三丁目 全域 宮内四丁目 全域 施設 [ ]• 川崎宮内郵便局• 等々力環境センター -• 宮内幼稚園• 西宮内保育園• ももの里保育園 史跡 [ ]• 常楽寺 - の。 は春日山。 まんが寺として知られる。 高元寺 - の寺院。 多聞寺 - 真言宗智山派の寺院。 春日神社 交通 [ ] 鉄道 [ ] 当地内に鉄道は通っていない。 最寄りの駅はまたはである。 路線バス [ ]• - 、。 道路 [ ]• () 関連項目 [ ]• (曖昧さ回避ページ) 脚注 [ ] []• 川崎市 2015年10月26日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2018年1月25日. 2018年2月15日閲覧。 2018年2月15日閲覧。 総務省. 2018年2月15日閲覧。 「宮内村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ64橘樹郡ノ7、内務省地理局、1884年6月。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。

次の

【神奈川県川崎市中原区宮内2丁目26-15 佐川急便株式会社 川崎営業所】セールスドライバー職(川崎営業所)川崎市中原区(長期)

神奈川 県 川崎 市 中原 区 宮内

地理 [ ] 宮内は北部の、の中央部に位置する。 一部多摩川のにも領域が及ぶ。 北部で、多摩川越しの北東部に・、東部で、南東部で、南部及び西部で、北西部でに接する。 多摩川とに挟まれたにあたり、土地は肥沃である。 東西に及びが貫いている。 近年再開発が著しい近辺地域の一角であるが占めるが、側及び高津区との区境付近には機械・電機・食品・金属などの中小工場群がみられ、(3年)の時点では中原区内で工場数の最も多い町である。 河川 [ ]• 歴史 [ ] 近世以前 [ ] 地内の春日社・常楽寺一帯はであると言われている。 にはに属し、『』にはの所領として「二十貫 同 宮内之郷之内」と記述されている。 には武蔵国橘樹郡のとなり、となった。 村高は『』では443余・『元禄郷帳』では408石・『天保郷帳』では568石余・『』では570石余となっている。 名主は石井家のであり、家の軒数は取り決めで36戸と定められていたが、年間よりその定めが破られたとされ、7年()には62軒であったと『』に残されている。 江戸時代の主な産品はと呼ばれるにも使われた良質なとが挙げられるが、明和3年()にの申し出によりによっての苗が配布された。 多摩川の河岸に位置するため水害に見舞われることも多かった。 明治以後 [ ] 元年()にはを経ての所属となり、(明治22年)、施行により橘樹郡の大字となった。 この時期は・・や・等のがとして栽培されていた。 この産品はこの時期当地に設置されていたで運ばれた。 宮内の渡しは当地のほか大谷戸(現・)から方面への交通路として利用され、が(昭和10年)に建設されるまで利用された。 (14年)には橘樹郡の大字、(昭和8年)には川崎市、(昭和47年)には川崎市中原区の大字となっている。 からにかけて急激に宅地化が進み、(昭和35年)には597人だった人口が(昭和45年)には2,504人、(3年)には9,611人、(平成20年)には11,995人と増加している。 (平成5年)2月22日に宮内全域にが実施され、現在の宮内一丁目-四丁目が成立した。 地名の由来 [ ] やに囲まれた土地を指す説の外、の時代にのため藤原朝臣某をとしてこの地のに遣わしたところ、が止んだためその官職名に由来するとする伝承が『』に記されている。 世帯数と人口 [ ] (平成29年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 宮内一丁目 1,089世帯 2,474人 宮内二丁目 1,269世帯 2,668人 宮内三丁目 1,859世帯 4,236人 宮内四丁目 1,683世帯 3,366人 計 5,900世帯 12,744人 小・中学校の学区 [ ] 市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。 丁目 番地 小学校 中学校 宮内一丁目 全域 宮内二丁目 全域 宮内三丁目 全域 宮内四丁目 全域 施設 [ ]• 川崎宮内郵便局• 等々力環境センター -• 宮内幼稚園• 西宮内保育園• ももの里保育園 史跡 [ ]• 常楽寺 - の。 は春日山。 まんが寺として知られる。 高元寺 - の寺院。 多聞寺 - 真言宗智山派の寺院。 春日神社 交通 [ ] 鉄道 [ ] 当地内に鉄道は通っていない。 最寄りの駅はまたはである。 路線バス [ ]• - 、。 道路 [ ]• () 関連項目 [ ]• (曖昧さ回避ページ) 脚注 [ ] []• 川崎市 2015年10月26日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2018年1月25日. 2018年2月15日閲覧。 2018年2月15日閲覧。 総務省. 2018年2月15日閲覧。 「宮内村」『新編武蔵風土記稿』巻ノ64橘樹郡ノ7、内務省地理局、1884年6月。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。 川崎市 2015年4月1日. 2018年2月15日閲覧。

次の