チェ 28 歳 の 革命。 チェ 28歳の革命 の レビュー・評価・クチコミ・感想

チェ 28歳の革命: だらだら無気力ブログ

チェ 28 歳 の 革命

この記事は、 私がかつてY! ブログに掲載した映画感想記事を、当サイトに自ら加筆修正し移行したものです。 なので、 書いた当時は、2009年であることを踏まえ、読んでいただけたらと思います。 今回は、 ベニチオ・デル・トロ主演、スティーブン・ソダーバーグ監督による、 「チェ 28歳の革命」です。 革命家 チェ・ゲバラを描いた大作の 前編になります。 【元の投稿日:2009年1月12日21:51 】 「チェ 28歳の革命」公開当時(2009年)の私の感想 2つの「チェ」の前編、ついに公開!ってことで、早速日曜日に観てきました! やっぱ、 少しは予備知識がないと、難しいと思いますね、これ。 いちお、映画始まる前のCM中に、「チェ・ゲバラとは?」みたいなのが入るんだけどね。 アルゼンチン人でありながら、カストロに共鳴し、キューバ革命に身を投じたチェ・ゲバラについて、同世代の日本人で、詳しい方は、ほとんどいないと思いますが・・・ かくいう私も、チェ・ゲバラについては、彼の若い頃を描いたロードムービー 「モーターサイクル・ダイアリーズ」を観にいって、初めてその時(4年前)知ったのですから・・・。 特に、国連での演説シーンは、ほんとすごい。 28歳には見えないかなぁ~と思うところもあったけど(苦笑) それでも、上の写真のとおり、やっぱカッコイイです。 かなり、全体的に 淡々と描かれていて、 ほとんどが戦闘シーン。 でも、過剰な演出をしていなくて、 冷静に描いているのが、よけいにリアルに迫ってきて、まさに、チェが言う 「死闘」を感じます。 山中を進んでいる時には、 自分も一緒に歩いている気になるし、特に、後半の戦闘シーンでは、 銃撃戦に、自分も参加しているような気になるほど、臨場感ありました。 派手さはないのに、妙にリアル。 ただ、国連でのシーン(白黒)と、キューバ革命でのシーン(カラー)が、色で分けてるのはよいのですが、予備知識がないと、さらに どっちがどっち?!と時系列がわけわかんなくなったり、さらには、みんな戦闘服きてるし、 誰が誰?!ってなりかねないんですけどね^^; 武力による革命を信じていたことについては、反対ですが、手段は別として、やはり、チェ・ゲバラという人の 「民衆こそ偉大である」という信念、また、本気で、虐げられてきた不幸な人々を救おうとする心には、感銘するところがありますね。 所々、ゲバラのセリフの中に、 キューバ独立の英雄、ホセ・マルティの言葉も出てきます。 エンタメとして観る作品というより、ドキュメンタリー的な作品だし、 好みが分かれそう(というか理解できない人が多そう?)ですが、 私はよかったと思うし、続編の「チェ 39歳 別れの手紙」も観ますよ! 楽しみですし、それに向けて、もう少し、キューバについて勉強をしようと思います! ん?!まさにこれこそ、 ソダーバーグ監督の思うツボ?! 「この映画を観て、ゲバラについての資料を手にとってもらえたら嬉しい」と、インタビューで答えてましたが・・・やられたぁ!(笑) こちらが、予告編です。

次の

チェ (映画)

チェ 28 歳 の 革命

映画「チェ 28歳の革命」 キューバ革命の指導者となったチェ・ゲバラの伝記的な映画。 監督はスティーヴン・ソダーバーグ、2部作で、この映画は第1部に当たります。 私はチェ・ゲバラについても、キューバ革命についても、詳しく知らなかったのですが、前回の記事で取り上げた「モーターサイクル・ダイアリーズ」、そしてこの2部作を観て、すっかりチェ・ゲバラの人柄と人生に魅せられてしまいました…。 あらすじ、感想と評価 *ネタバレ注意 この映画では、ゲバラがフィデル・カストロと出会い、キューバ革命に参加して貧しい民衆たちのために闘う姿が描かれています。 キューバ革命の背景についての詳しい説明はなく、事実に沿ってリアルなドキュメンタリー・タッチで進行していきます。 予備知識がないと筋を追うのがちょっと大変かも。 チェ・ゲバラが若い青年だった頃を描いた作品「モーターサイクル・ダイアリーズ」を先に観ておくと、彼らの理想を理解しやすいかもしれません。 「モーターサイクル・ダイアリーズ」では、チェ・ゲバラが23歳の医学生だった頃に、南米大陸の一万キロを縦断する旅が描かれています。 その旅が彼の原点となり、南米大陸で出会った貧しい民衆たちを救いたいという思いが、彼を後に革命家へと導くことになりました。 キューバの独裁政権(バティスタ政権)を倒し、圧政に苦しむ人々を救うために、チェ・ゲバラはカストロの右腕として革命に参加します。 この「チェ 28歳の革命」ではその革命の闘争が描かれています。 山の中や市街地で展開されるゲリラ戦は、臨場感があってすごく迫力がありました。 ひとりひとりの闘士の視線から戦闘が描かれているカメラワークが、まるで自分もその場に参加しているかのような、息づまる緊張感がありました。 特に山の中では、彼らの潜んでいる草や土のにおいまで伝わってくるようです。 観ているこちらも革命闘争に巻き込まれていくかのような力のある作品だと思います。 いつ死ぬかもわからない戦闘。 それに参加する闘士たちの熱い目が印象的でした。 チェ・ゲバラだけでなく、ひとりひとりの闘う姿が丁寧に描かれているのが良かった。 「平等社会を実現させる」という理想のために、命をかけて共に闘う姿に感動させられました。 個人よりも社会の幸福に重きを置き、貧しい民衆を救い、全ての人が平等である社会を実現させようとするー チェ・ゲバラの信念はぶれずにはっきりしていて、誠実に人と向き合い、理想社会を実現しようと全力を尽くす。 そんな彼の言葉に人々が共鳴し、どんどん仲間が増えていき、革命が国中に広がっていく。 その様子を観ていて、背筋がゾクゾクしました。 チェ・ゲバラは子どもの頃からアレルギー体質で、ぜんそく持ちだったのですね。 それなのに過酷なゲリラ戦を指導して闘い抜いた。 本当にすごい人です。 かっこいい… ゲバラを演じているのはベニチオ・デル・トロ。 当時40前後の彼が28歳のゲバラを演じるのはなんだかな、と思っていましたが、「なりきり演技」がすごく板についていて、観ているうちに違和感はなくなりました。 彼の表情や目線、仕草での細やかな表現がすばらしかったです。 この「28歳の革命」を観た後、すぐに続編が観たくなり、二日続けて鑑賞しました。 すっかりゲバラに夢中になってしまった週末となりました。 Hulu で現在配信されています。

次の

チェ 28歳の革命 : 作品情報

チェ 28 歳 の 革命

チェ・ゲバラとして知られる、 歴史上最も有名な革命家・ゲリラ戦士。 この映画は2部作の前編で、 フィデル・カストロと出会ったゲバラが、 ゲリラ戦士となり、バチスタ政府軍を打ち破り、 首都ハバナへ入るまでを描いています。 主旋律をなす物語の合間に、 革命後のジャーナリストとのインタビューや、 国連総会での2度にわたるキューバ首席代表としての演説などを織り込み、 チェの人となりを、英雄的にというよりも、 ちょっと突き放して淡々と描いています。 その中で、革命軍の兵士たちに、 農民への収奪を戒め、違反した者には厳罰を科して厳しい倫理性を植え付け、 そのことによって彼自身が峻烈な革命的人間へと育って行きます。 そして、個人でありながら、 「社会全体の幸福を実現するため、その戦いと責任を受け入れた個人」 となって行ったのですね。 ベニチオ・デル・トロの名演が、 その成長を見事に表現していました。 圧政や病に苦しむ人々をいたわる純粋な心をもったチェ・ゲバラが、どのようにして革命家の道を歩んだのか、それをスクリーンから体感したいと思い続けていたのだが、今年、それがついに現実のものになったことだけで、とても喜ばしいと感じながら試写会場に入った。 「チェ28歳の革命」そのものは期待どおりの素晴らしい出来だった。 だが、最初は脳裏に「モーターサイクル・ダイアリーズ」を描きながら見るのかと思っていたら、映画を見ている最中、ずっと気になっていたのは、昨年公開された若松孝二監督の「連合赤軍、あさま山荘への道程」だった。 それはなぜかというと、両作とも同じ革命を志していた者たちを描いた作品なのに、主人公たちから発せられるセリフがまるで違うのである。 「チェ28歳... 」の中で、チェは「革命を成功させるには愛が必要だ」と語り、当時アメリカで批判されたスターリン主義など思想めいた話はほとんど出てこなかった。 ところが「連合赤軍... 」では、愛という言葉は登場人物の中からほとんど出てこず、革命の指導者たちからは「思想」めいた話しか出てこなかった。 「愛」はとても抽象的な言葉だが人の心に訴えるものがある。 「思想の話」は具体的だが理解されなければ人を同意させることも共感も呼ばない。 これは子どもの頃から学ぶことができる環境にあったかどうか、という教育環境の違いは当然あるのだが、言葉ひとつが人の心を動かせることができるのかどうか、両作を見た人ならそれを痛烈に感じるかもしれない。 そして今回の「チェ」の連作は、革命家の人生や革命の意味を思うだけでなく、アメリカ型資本主義が信じられなくなった現代へのメッセージがあるように私は感じている。 それは作品の内容が革命を肯定するものではなく、金やモノではなく人に目を向くことが国家は一番大事にするべきであることを、主人公のチェ・ゲバラの言葉や行動から訴えかけているからだ。 「モーターサイクル... 」や「連合赤軍... 」とともに見ると、チェの訴えはさらに深いものになるだろう。 メッセージ性ある映画の奥深さを、次の「チェ39歳別れの手紙」からもさらに体感したいと思う。 以下、感想を箇条書きで。 近所のシネコンにレイトショーで見に行ったんだけど、意外とお客さんがいっぱいでびっくり。 もっとマイナーな作品だと思ってたんだけど、ゲバラ人気ってすごいんだなあと。 だけど、おそらく来てた人の半数以上は、ゲバラ自体をよく知らない感じだった。 映画としてはかなりドキュメンタリーっぽい作り。 その分背景とか場所とかの説明が少ないので、ゲバラやカストロのキューバ戦記を知らない人がいきなり見に行くと、話についていけないかも。 隣のカップルもややだれていた。 逆にキューバ戦記を知ってると、そのときの雰囲気がわかっておもしろいと思う。 ただ、グランマ号での上陸エピソードとか、もう少し入れ込むポイントはあったような気もする。 なんであんなに髭伸ばしてるのかとか、喘息なのに葉巻吸ってるのかとか。 主演の人には申し訳ないけど、やはりチェ・ゲバラ本人のほうがハンサムでスマートです。 ゲバラ自体に興味があるので、映画は好意的に見ましたが、映画作品とか演出とかいう部分になると、盛り上がりに欠け、ややだれますね。 二部作にする必要があったのかどうかもやや疑問。 中流家庭で育ち、医者という肩書きを持ちながらも、 悪どいキューバ政府軍に立ち向かう、貧しい市民の味方チェ・ゲバラ。 拳銃を片手に持ち、そのかたわらでペンを持つ勉強家! ・・・ってなイメージですかね^^ とにかく彼のこと知らなさ過ぎました^^; 革命家という言葉自体、よく理解していないだけに 衝撃的で、かなりカルチャーショックを受けたのは事実です。 1月20日MOVIX伊勢崎にて観賞 予習、になるのかどうかは良く分からないけど 「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見直してから 観に行きました。 旅を終えたゲバラが革命家の道を進んでいく過程が (恐らく)史実に基づき 淡々と描かれて行きます。 なので、仲間を集めていく前半は静かに語られる台詞が多く、 スペイン語ということもあってかなり睡魔に襲われました。 戦闘シーンが激しくなって 急に目が覚めましたが。 これくらいの時代を描いた映画は多くて、観るたびに思うのですが やっぱりその時代背景は勿論だし、その頃の「空気」とか「流れ」 みたいなものを肌で知っていればもっと楽しめるのだろうな、と 思います。 「思想」や「革命」のために皆がアツくなれる時代というものを 私は経験していないし、その気持ちがイマイチ分からない。 もっと昔(例えば19世紀とか)を舞台にしたような映画であれば 作り手側もその空気をイメージしつつ作っているわけなので 観客も同じテンションになれると思うのですが、 この映画の作り手側は多分この時代を経験している世代だろうし、 だからこそこの時代への思い入れとかが熱く出ていますよね。 その辺の温度差が 私と画面の間にあって上手く入り込めないのかも。 主演のデル・トロの演技は素晴らしいです。 でも時々 ちょっと老けて太ったブラピに見えるのは私だけ? 残念ですが、個人的には後に残るものがありませんでした。 でも、多分後編も観るんだろうな。

次の