ユージュアル サスペクツ 考察。 80点【ユージュアル・サスペクツ】裏切り者は誰なのか【感想&考察】

【あなたの番です・考察】’90年代の名作映画「ユージュアルサスペクツ」から考察してみる

ユージュアル サスペクツ 考察

湊に停泊中の船が、爆発炎上する事件が起きました。 焦げた死体は15体見つかり、まだ海中にも残っています。 27人が桟橋で死に、9100万ドルが消えました。 当初、これはコカインの取引の最中に、別の組織が奪おうと現れて戦いになったものと思われます。 しかし関税局の特別捜査官デヴィット・クイヤンは不審に思い、FBI(アメリカ連邦捜査局)のジャック・ベア捜査官に連絡を取りました。 サンペドロ警察のレイビン刑事は、生存者は2名で1人は重傷を負うハンガリー人アーコッシュ・コバッシュで、もう1人は無傷の障害者だと言います。 クイヤン捜査官は無傷の障害者を尋問します。 彼はヴァーバル・キントと言い、足をひきずっていました。 キントは「発端は6週間前のニューヨークで、銃を積んだトラックのハイジャックだ」と言います…。 …ニューヨーク、6週間前。 銃を積んだトラックがハイジャックされました。 そのトラックの運転手は、犯人たちの顔は見ないで声を聞いただけです。 容疑者として挙げられたのは、5人の男たちでした。 5人は面通しで並べられ、写真を撮られました。 ・マイケル・マクマナス…盗みのプロ、腕前はよい ・フレッド・フェンスター…マクマナスと組んで仕事をする ・トッド・ホックニー…爆薬のプロ ・ディーン・キートン…元刑事、汚職で退職した ・ヴァーバル・キント…詐欺罪で逮捕歴あり、郡刑務所服役でキートンと一緒だった ニューヨーク市警とアメリカ関税局が組んで捜査を行ないますが、5人の「常連の容疑者たち(ユージュアル・サスペクツ)」の目玉はキートンでした。 拘置所に移された5人は一堂に会しますが、「面通しはやばい」とキートンは警戒します。 どうせ出会った悪人同士だから一緒に仕事をしないかと、マクマナスとフェンスターのコンビは、ある犯罪にホックニーを誘いました。 ホックニーは乗り、キントとキートンにも打診が来ます。 その犯罪とは南米の運び屋が密輸するエメラルドの宝石を横取りするもので、最低5人の頭数が必要でした。 キートンは既に引退し、現在はイーディという女性弁護士と一緒に「真面目な暮らし」をしようとしているところです。 しかし他の4人におされる形で宝石強盗の仲間に入りました。

次の

12人の優しい日本人ネタバレ考察

ユージュアル サスペクツ 考察

湊に停泊中の船が、爆発炎上する事件が起きました。 焦げた死体は15体見つかり、まだ海中にも残っています。 27人が桟橋で死に、9100万ドルが消えました。 当初、これはコカインの取引の最中に、別の組織が奪おうと現れて戦いになったものと思われます。 しかし関税局の特別捜査官デヴィット・クイヤンは不審に思い、FBI(アメリカ連邦捜査局)のジャック・ベア捜査官に連絡を取りました。 サンペドロ警察のレイビン刑事は、生存者は2名で1人は重傷を負うハンガリー人アーコッシュ・コバッシュで、もう1人は無傷の障害者だと言います。 クイヤン捜査官は無傷の障害者を尋問します。 彼はヴァーバル・キントと言い、足をひきずっていました。 キントは「発端は6週間前のニューヨークで、銃を積んだトラックのハイジャックだ」と言います…。 …ニューヨーク、6週間前。 銃を積んだトラックがハイジャックされました。 そのトラックの運転手は、犯人たちの顔は見ないで声を聞いただけです。 容疑者として挙げられたのは、5人の男たちでした。 5人は面通しで並べられ、写真を撮られました。 ・マイケル・マクマナス…盗みのプロ、腕前はよい ・フレッド・フェンスター…マクマナスと組んで仕事をする ・トッド・ホックニー…爆薬のプロ ・ディーン・キートン…元刑事、汚職で退職した ・ヴァーバル・キント…詐欺罪で逮捕歴あり、郡刑務所服役でキートンと一緒だった ニューヨーク市警とアメリカ関税局が組んで捜査を行ないますが、5人の「常連の容疑者たち(ユージュアル・サスペクツ)」の目玉はキートンでした。 拘置所に移された5人は一堂に会しますが、「面通しはやばい」とキートンは警戒します。 どうせ出会った悪人同士だから一緒に仕事をしないかと、マクマナスとフェンスターのコンビは、ある犯罪にホックニーを誘いました。 ホックニーは乗り、キントとキートンにも打診が来ます。 その犯罪とは南米の運び屋が密輸するエメラルドの宝石を横取りするもので、最低5人の頭数が必要でした。 キートンは既に引退し、現在はイーディという女性弁護士と一緒に「真面目な暮らし」をしようとしているところです。 しかし他の4人におされる形で宝石強盗の仲間に入りました。

次の

ユージュアルサスペクツ考察ネタバレレビュー

ユージュアル サスペクツ 考察

こんばんは。 Aki-dramaです。 「あなたの番です」第2章・反撃編まで後2日。 「あなたの番です」 考察隊の皆さんは、常に過去の話を思い返し・見直ししては新たな考察をしていることではないでしょうか。 奈菜ちゃんが脅されていた場所は家ではなくて翔太のいる病室だと判明もしているようですね!すごいです。 細かい点にはなかなか気が付かない私ですが、「あなたの番です」のおかげでまたミステリーに興味をもつことになりました。 これ私とーーーても好きな映画で、めちゃめちゃ有名。 TVでも何回も放送されているので知ってる人も多いのではないでしょうか。 ちょうどhuluでも見ることができますので見返してみました。 「ユージュアルサスペクツ」 はこんな内容 『ユージュアル・サスペクツ』(The Usual Suspects)は、1995年にアメリカで製作されたサスペンス映画。 回想を効果的に用いた脚本で、謎多き事件を描いた作品。 脚本を担当したクリストファー・マッカリーは本作でアカデミー脚本賞を受賞した。 また、ケヴィン・スペイシーは本作でアカデミー助演男優賞を受賞している。 (wikipediaより) 衝撃のラスト ユージュアル・サスペクツ — YSK oldmanysk 冒頭で、左手に拳銃を持つ謎の男が船上で複数の人物を殺し、船は爆発・炎上して、銃殺体を含む多数の遺体が見つかる。 この船はカリフォルニア州のサンペドロ港に停泊していたマフィアの麻薬密輸船であり、爆発と多数の死者は、マフィアと対立組織の抗争によるものと思われた。 関税局捜査官のクイヤンは、その事件で一人だけ無傷で生き残った、詐欺師で左側の手足に麻痺があるヴァーバル・キントを尋問する。 キントは、サンペドロ港での密輸船爆発事件が起こるまでの一連の過程をクイヤンに語る。 それは次のような話である。 密輸船爆発事件の6週間前、ニューヨークの警察署に、ある銃器強奪事件の「面通し」(容疑者の顔を事件関係者に見させて、容疑者が真犯人であるか否かを見分けさせること)のために、5人の「ユージュアル・サスペクツ」(容疑者としていつも名前が挙がる人物)が集められた。 5人は、元汚職刑事のキートン、マクマナスとフェンスターの強盗コンビ、爆弾製造を請け負うホックニー、そしてキントだった。 5人はこの件では立件されず釈放される。 警官の汚職が絡んだ宝石強奪をマクマナスがキートンらに持ちかけ、5人はこれを実行して成功させる。 そしてカリフォルニアで取引相手の故買屋レッドフットから新たな宝石強奪をもちかけられ、再び5人で実行するが、強奪したケースに入っていたのは宝石ではなく少量の麻薬だった。 ケースの中身が違っていたことについてレッドフットに詰め寄ると、大元の依頼主である「弁護士」に会うように指示される。 コバヤシと名乗るその弁護士は、5人に麻薬密輸船の襲撃を命令する。 コバヤシによれば、その命令は、実在しないとも言われる伝説的ギャング「カイザー・ソゼ」からの命令であるという。 5人はそれぞれ過去にカイザー・ソゼが関わる品を盗むなどしており、コバヤシはその詳細な記録も所持していた。 コバヤシによれば、5人がニューヨークの警察署で顔を合わせ、その後で手を組むことになったのも、カイザー・ソゼが仕組んだことであるという。 翌日、カイザー・ソゼの名を聞いたフェンスターは逃亡するが、死体となって発見される。 キートンは、カイザー・ソゼなど実在せず、コバヤシこそがカイザー・ソゼだと主張しコバヤシを殺そうとするが、恋人のイーディを人質にとられており、残る3人もそれぞれ身内を盾に脅される。 フェンスターを除く4人は結局、命令通りに船を襲うことになる。 キートンは、なにかあったらお前だけは逃げてイーディに助けを求めろとキントに言い、船に乗り込むが、船内に麻薬はなかった。 ホックニーとマクマナスは現場で何者かに殺され、キートンも銃撃され甲板の隅に追い詰められる。 岸壁で隠れて船の様子を見ていたキントは、甲板でキートンがカイザー・ソゼ(と思われる何者か)に射殺されるのを目撃する。 そして、カイザー・ソゼは船に火を放ち去っていった。 キントの語りが終わる。 キートンはカイザー・ソゼに撃たれて死んだと述べるキントに、捜査官クイヤンは、キートンこそがカイザー・ソゼであり、死んだように見せかけたのだと持論を述べる。 船が運んでいたのは麻薬ではなく「カイザー・ソゼの顔を知る男」であり、その男を消すことがカイザー・ソゼの目的だった、との推理がなされる。 クイヤンは、身柄を保護する代わりに検察側の証人になるようキントに迫るが、キントは拒絶する。 キントの身柄拘束はその後まもなく解かれ、警察署を去っていく。 一方、クイヤンは、キントの証言に出てくる重要な固有名詞の全てが、キントの尋問を行っていた部屋の壁に掲示されている書類などに書かれていたことに気がつく。 クイヤンは、警察署を出て行ったキントを慌てて追うが、もう見つからなかった 引用:wikipedia 「ユージュアルサスペクツ」 が面白い理由はどんでん返しが傑作! 長々としたあらすじだけを読んでもいまいちどんな面白さがあるのかわかりませんよね。 「ユージュアルサスペクツ」が非常に面白い理由は、 密輸船爆発事件 の生き残りのキント (ケヴィン・スペイシー)が、関税局捜査官の クイヤンに語ってきかせた話が全て作り物だったことに、映画の最後で判明するところです。 映画はキントの回想によって進行します。 キントは詐欺師で左側の手足に麻痺があり、大きな犯罪を犯すような人物ではありません。 それを前提に話は展開するんですが、最終的に 密輸船爆発事件の首謀者、伝説の殺し屋カイザーソゼはキント本人だったことに、クイヤンはキントが立ち去った後で気が付くんです。 キントの回想を描写で見せられる私たちは、見るものそれが真実だと勘違いさせられます。 疑うことなく見続ける人も多いでしょう。 最後に近づくにつれ、伏線が回収されはじめクライマックスでようやくどんでん返しに気が付くという仕組みです。 結構衝撃的で何度も見たくなる映画です。 サスペンスといえばこれ。 すぐにもう一回見たくなる映画NO1。 中盤まで大きな盛り上がりなく進むが、全てはクライマックスのあのシーンのための布石だったんですねー!最後のシーンは鳥肌モノ。 見たことない人には必ずオススメしたい。 警察署を出たキントが麻痺していたはずの手足が、実は問題なく歩くことができるシーンがあったり、コバヤシという弁護士を名乗っていた男が車であらわれたり、似顔絵が完成するなど、どちらかがカイザーソゼだと思われる場面はあります。 けれど映画の中ではっきりとは明示されません。 そもそもカイザーソゼという男が存在したかもわからず終わっています。 (爆破した船の生き残りの船乗りがカイザーソゼを非常に恐れていたという描写はあります) 「GONE」(彼は消えた)というキント。 ことの首謀者は消えてしまったんです。 別れの挨拶とは言えないかもしれないけど、 去年やっと観た から 『ふっ、消えた…』 マジで痺れた映画だったw 昔から今まで語り継がれてる映画にはそれなりの理由があると知った。 あたかも真実化のように物語が展開していくため、視聴者は引き込まれてしまい疑うことを忘れます。 「ユージュアルサスペクツ」 では物語大半が嘘だったというオチですが、これって部分的に「あなたの番です」でも同じ展開があるかもしれません。 「あな番」回想で嘘をついているのは誰? 前振りがかなり長くなってしまいましたが、「あなたの番です」で、「あのとき~だった」と語った話が実は嘘があったとすると、2人思い浮かびます。 事件捜査を報告する神谷刑事 神谷刑事は、 第5話でプレッシャーをかけられたとトイレで榎本正志と話をした場面を語ります。 これはすでに榎本から過去の自分の不正(捜査対象からの賄賂)をばらされたくなかったら交換殺人ゲームのことを握りつぶせと指示されていたということがわかりましたので、嘘をついていたことになります。 また、第7話では児島佳世の脚がはいったゴルフバックを出荷依頼した人物を聞き込みした場面を語りますが、配達員は「20代前半」としかいっていません。 しかし警察署での報告では「20代前半男性」と報告しています。 これは明らかな嘘だとすぐわかっていましたが、見逃してしまう人も多いかもしれません。 (私もhuluで見直しました) 監禁された状況を話す黒島沙和 また第10話で翔太に対し、監禁された時の状況を語った黒島沙和。 「ベランダから聡一がみえて、その後早苗がライトで照らし自分を呼んで部屋に入るとスタンガンのようなもので動けなくされて監禁された」とドラマの中で描写されましたね。 これって本当なんでしょうか。 監禁されていた割には(精神的な)ダメージがなさすぎるなどと言われている黒島沙和。 これって嘘をついていたとしてもおかしくないですよね。 神谷や黒島の他にも、もしかすると柿沼遼の事情徴収の時の発言や、早苗の山際殺しの状況説明についても実は嘘が含まれているかもしれません。 大どんでん返しはきっとくる! 「あなたの番です」第2章スタートまであと2日。 第2章ではこれまでの伏線が回収はじめられるとのことですが、大きなどんでん返しはきっとくるのではないでしょうか。 あっと驚く衝撃などんでん返しを期待したいですが、その前に考察して種明かしをしていきたいですね! huluでは90年代の名作「ユージュアルサスペクツ」を視聴することができます。 2週間無料なのでお試しくださいね!もちろん「あなたの番です」&サイドストーリー「扉の向こう」も全話視聴できます。

次の